このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2015-117
事例作成日
(Creation date)
2015/05/10登録日時
(Registration date)
2016年01月22日 09時57分更新日時
(Last update)
2016年03月15日 14時08分
質問
(Question)
東京都の戦前の区割りは35区ほどあったらしいが、どのような区で構成されていたのか知りたい。
回答
(Answer)
記述のあった次の資料を紹介した。

『東京の地名がわかる事典 読む・知る・愉しむ』(鈴木理生編著 日本実業出版社 2002)
 p234-237「東京二三区ができるまで」のp236に「東京15区と新設された20区」の図あり。図中縦書きが新設された20区で中央部の15区と併せて35区の名称が確認できる。(但し旧町村名も併記されている。)
 p234に「東京市(15区)は昭和7(1932)年10月1日、隣接する荏原・豊多摩・北豊島・南足立・南葛飾の五郡82町村を合併して20区を新設し、35区制の人口500万都市になった。」とあり。
『江戸東京学事典』(小木新造〔ほか〕編 三省堂 1987)
 p327「市域大拡張」中に「市制施行当初の市域は、明治11年(1878)公布の郡区町村編制法による東京府15区(麹町、神田、日本橋、京橋、芝、麻布、赤坂、四谷、牛込、小石川、本郷、下谷、浅草、本所、深川)の区域であった。(中略)昭和7年(1932)10月1日隣接5郡82町村を編入して市域を大拡張し、新設の20区(品川、目黒、荏原、大森、蒲田、世田谷、渋谷、淀橋、中野、杉並、豊島、滝野川、王子、荒川、板橋、足立、向島、城東、江戸川、葛飾)を加えて東京市35区となる。」とあり。部分的にルビあり。
回答プロセス
(Answering process)
その他調査済み資料
東京の地理の事典
『東京百科事典』(東京学芸大学地理学会30周年記念出版専門委員会編集 国土地理協会 1982)
 p719「歴史年表」中に「1932 昭和7 10.1 大東京市ができる(5郡82町村を20区に統合、全部で35区になる)」とあり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
関東地方  (213 9版)
参考資料
(Reference materials)
『東京の地名がわかる事典 読む・知る・愉しむ』(鈴木理生編著 日本実業出版社 2002), ISBN 4-534-03345-1
『江戸東京学事典』(小木新造編 三省堂 1987), ISBN 4-385-15384-1
キーワード
(Keywords)
東京都-地名
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000187445解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!