このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
さいたま-南-20100010
事例作成日
(Creation date)
2009年12月31日登録日時
(Registration date)
2010年01月27日 14時20分更新日時
(Last update)
2011年01月05日 14時37分
質問
(Question)
「二十三夜(にじゅうさんや)」という地名の由来を知りたい。
回答
(Answer)
二十三夜は、さいたま市南区太田窪の川口市境近くにある地名。
“二十三夜”とは、月待ち、つまり月の出を待ち祭る行事の一つで、これに参加する人々の集団を二十三夜講と呼ぶ。
地名はこの講に由来するものである。
この行事は中世以来非常に盛んで、その講は全国的に行われていた。
太田窪の場合には、北条氏と足利氏が争った時、この辺りから多くの農民が兵士として徴用され、彼らの身を案じたその家族たちが集まり、武運長久・安心立命を祈ったのが、月待講として行事化されたと伝えられている。講は7月1日の夜六時頃から行われ、勢至菩薩を祀り観音経を唱える。
かつては祈願堂があり、そこで講がもたれたそうだが、天保三年(1832年)に老朽化のため廃堂となった。代わりに石塔を建てたのが“二十三夜供養塔”で、現在も産業道路近くに立っている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213)
日本  (291)
参考資料
(Reference materials)
『わがまち浦和 改訂版』 浦和市 p87
『LOVE浦和』 浦和市 p99
『浦和太田窪と周辺の四方山話』 善前自治会 p24
『埼玉ふるさと散歩 さいたま市』 さきたま出版会 p43
キーワード
(Keywords)
さいたま市南区
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000062449解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!