このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
さいたま-南-20100004
事例作成日
(Creation date)
2009年12月31日登録日時
(Registration date)
2010年01月27日 13時57分更新日時
(Last update)
2011年01月05日 14時37分
質問
(Question)
「太田窪」という地名は、伝説にゆかりのある名前だと聞いたが、本当か。
回答
(Answer)
さいたま市南区にある太田窪(だいたくぼ)という地名は、日本各地に伝わる巨人伝説“大多(ダイタ)ぼっち(巨人)”に由来するものと思われる。ダイダラボー、ダイダラボウシ、ダイダラボッチなどとも呼ばれるこの巨人伝説では、池や窪みの地形を巨人の足跡だと称している。 東京都世田谷区の代田(だいた)も同様の由来を持つ。
ちなみに同じ南区にある“白幡沼”は、かつて「拳ヶ池(こぶしがいけ)」と呼ばれており、雨の日に巨人が足を滑らせて転び、拳をついた所が凹んで出来た沼、と言われている。
なお、かつての太田窪村は「大田窪村」という書き方が正しかったそうで、『武蔵国郡村誌』には、天保8年(1837年)に代官所が作った年貢の目録に、誤って「太」と書き込まれたので、以降そのように改めた、とある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213)
日本  (291)
参考資料
(Reference materials)
『浦和市史 民俗編』 浦和市総務部市史編さん室 (太田窪 p793、白幡沼 p797)
『LOVE浦和』 浦和市 p26-27
『埼玉ふるさと散歩 浦和市・与野市』 さきたま出版会 p42
『埼玉ふるさと散歩 さいたま市』 さきたま出版会 p47-48
『埼玉県地名誌 改訂新版』 北辰図書 p20
『埼玉県大百科事典 3』 埼玉新聞社 p247
キーワード
(Keywords)
さいたま市南区
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000062442解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!