このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
相模原市立相模大野図書館 (2210033)管理番号
(Control number)
相大-H20-0004
事例作成日
(Creation date)
2008年9月5日登録日時
(Registration date)
2009年02月21日 10時59分更新日時
(Last update)
2010年04月02日 11時02分
質問
(Question)
江ノ島大橋の歴史について知りたい
回答
(Answer)
10分程しか相談者がいられなかったため、回答まで至らず。
「藤沢か鎌倉の博物館・図書館をお尋ね下さい」とご案内した。
その後の調査結果を回答プロセスに示す。
回答プロセス
(Answering process)
現在、江ノ島に架かる橋は以下の2つ。
 ①江ノ島弁天橋(歩行者用)
 ②江ノ島大橋(自動車用)
 歴史が古いのは①の橋

「かながわの橋」 関野昌丈著 神奈川合同出版 1982年刊 【s06764203】 p122~p123 江の島弁天橋の記述あり
フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」http://ja.wikipedia.org(最終確認2008.9.4)キーワード 「江の島」で検索→6ページ分の情報あり
Googleで検索 キーワード「江の島」→江の島マニアック http://miraabeau.cool.ne.jp (最終確認2009.2.18)
3つの検索結果をまとめると
 明治24年(1891): 簡単な桟橋を架ける
 明治30年(1897): 片瀬洲まで橋を延長 渡橋料片道一銭五里
 大正11年(1922): 県営の橋となる 渡橋料往復二銭に引き下げ
 昭和11年(1936): 渡橋料停止
 昭和24年(1949): 橋脚を鉄筋コンクリートぐいに改造
               工費150万円を要したため、渡橋料再開 大人五円 子供三円
               公募により「江の島弁天橋」と命名
 昭和37年(1962): 自動車用の江の島大橋開通
               江の島弁天橋は歩道専用となり渡橋料(料金徴収)は廃止となる 

「明治・大正・昭和 藤沢 写真集」 服部清道編著 国書刊行会 1979年刊 【s07474190】 p66に、昭和23年の架橋工事中の江の島弁天橋の写真あり

注:【 】内は自館の資料コード
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
江の島
江の島大橋
江の島弁天橋
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000051800解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!