このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2019-048
事例作成日
(Creation date)
2018年06月05日登録日時
(Registration date)
2019年08月04日 14時41分更新日時
(Last update)
2020年03月10日 11時12分
質問
(Question)
血圧について、以下のことが知りたい。
1 適正値とその範囲(適正範囲、上限値)
2 血圧が上下するしくみ
回答
(Answer)
以下の資料と情報を紹介した。
1 適正値とその範囲(適正範囲、上限値)について
『高血圧の医学 あなたの薬と自己管理』(塩之入洋著 中央公論新社 2002)
 p1-2「世界保健機関(WHO)と国際高血圧学会(ISH)、米国合同委員会(JNC)が統一した18歳以上の成人の高血圧診断基準値について記述あり。「18歳以上の成人における血圧分類」の表あり。
『高血圧治療ガイドライン 2014』(日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員会編 日本高血圧学会 2014)
 p19-20「2.高血圧の診断 1)血圧値の分類」に高血圧についての記述あり。
 「表2-5 成人における血圧値の分類」あり。
『病院で受ける検査がわかる本 4訂版』(高木康[ほか]著 法研 2010)
 p75-76に関連する記述あり。

2 血圧が上下するしくみについて
(1)図書
『高血圧を自分で下げる5つの習慣』(苅尾七臣監修 講談社 2014)
 p90-91「高血圧とは そもそも血圧とはなんなのか」に血圧が上昇することについての記述あり。
 p91「上の血圧・下の血圧の違い」あり。
『高血圧を下げる生活事典』(島田和幸監修 成美堂出版 2010)
 p174-175「「血圧とは?」「中心血圧」ってなに?」の項に関連する記述あり。
『わかりやすい 高血圧Q&A 降圧薬・家庭血圧など素朴な不安に答える』(今井潤著 保健同人社 2007)
 p10-12 高血圧、自律神経と高血圧症、腎臓と高血圧症、ホルモンと高血圧症に関連する記述あり。
 p55-57 血圧の変動についての記述あり。

(2)インターネット情報 
《循環器病情報サービス》( http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/  国立研究開発法人国立循環器病研究センター) 
 「高血圧・腎臓病」の「[84] 血圧の話の血圧とは?」に質問に該当の記述あり。
《日本臨床内科医会ウェブサイト》( http://www.japha.jp/  日本臨床内科医会)
 「高血圧(わかりやすい病気のはなしシリーズ9)」の「高血圧の基礎知識 血圧を左右するもの」に該当の記述あり。
http://www.japha.jp/doc/byoki/009.pdf
《MSDマニュアル家庭版》( https://www.msdmanuals.com/ja-jp/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0  Merck & Co)
 「06心臓と血管の病気 高血圧」に「体の血圧調節」あり。
回答プロセス
(Answering process)
1 適正値とその範囲について
(1)NDC分類〈493〉の棚を確認する。
『高血圧の常識はウソばかり』(桑島巌著 朝日新聞社 2007)
 p80-81 図2-3 正常値血圧と高血圧」あり。出典に「高血圧治療ガイドライン2000年版(日本高血圧学会)」とあり。

(2)「高血圧治療ガイドライン」を確認する。

2 血圧が上下するしくみについて
(1)NDC分類〈493〉の棚を確認する。

(2)《Google》( http://www.google.co.jp/  Google)を〈血圧 & しくみ〉で検索する。

(3)《国会図書館レファレンス協同データベース》( http://crd.ndl.go.jp/reference/  国会図書館)を〈血圧〉で検索する。
「血圧、脈拍に関する本が見たい。特に数値がいくつ以上だと異常かなどが載っているものがよい。」(埼玉県立久喜図書館  https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000180788

(4)2(3)の情報の参考資料と情報を確認する。

ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2018年6月5日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
内科学  (493 9版)
基礎医学  (491 9版)
参考資料
(Reference materials)
『高血圧の医学 あなたの薬と自己管理』(塩之入洋著 中央公論新社 2002), ISBN 4-12-101623-8
『高血圧治療ガイドライン 2014』, ISBN 978-4-89775-322-5
『病院で受ける検査がわかる本 4訂版』(高木康[ほか]著 法研 2010), ISBN 4-87954-784-0
『高血圧を自分で下げる5つの習慣』(苅尾七臣監修 講談社 2014), ISBN 4-06-259785-3
『高血圧を下げる生活事典』(島田和幸監修 成美堂出版 2010), ISBN 4-415-30808-2
『わかりやすい 高血圧Q&A 降圧薬・家庭血圧など素朴な不安に答える』(今井潤著 保健同人社 2007), ISBN 4-8327-0354-4
キーワード
(Keywords)
循環器
高血圧症
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
健康・医療
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000259777解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!