このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000244677
提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢本-2018-020
事例作成日
(Creation date)
2014/08/10登録日時
(Registration date)
2018年10月31日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年10月31日 10時02分
質問
(Question)
中島利一郎(東洋歴史学者・言語学者)について知りたい
回答
(Answer)
以下の資料に略歴が記載されています。
 〇『武蔵野の地名』中島利一郎/[著] 新人物往来社 1976年
 〇『日本地名学研究』中島 利一郎著 日本地名学研究所 1959年
また、以下の新聞に関連記事があります。
 〇読売新聞データベース「ヨミダス歴史館」
  1959年1月8日朝刊7面 訃報記事
 〇朝日新聞データベース「聞蔵Ⅱ」
  1942年3月2日朝刊4面 著作『東洋言語学の建設』書評
回答プロセス
(Answering process)
1.所蔵資料の内容確認
 〇『武蔵野の地名』 中島利一郎/[著] 新人物往来社 1976年
   p.260-261 略歴について「先生は明治17年1月2日福岡県太宰府に生れ、同42年(26歳)早稲田大学卒業、~中略~ 先生畢生の業績の出版を目前にして逝去せられたことは実に残念なことである。」と記述あり
 
2.データベース検索
 〇読売新聞データベース「ヨミダス歴史館」
  1959年1月8日朝刊7面 訃報記事あり
 〇朝日新聞データベース「聞蔵Ⅱ」
  1942年3月2日朝刊4面 著作『東洋言語学の建設』書評あり
 
3.後日調査による追加資料
 国立国会図書館デジタルコレクションで確認
 〇『日本地名学研究』中島 利一郎著 日本地名学研究所 1959年
  p.867「著者略年譜」、p.868 「主要著述並に学術論文」、「余禄」に著者の経歴の記載あり
  
4.調査したが記述のなかった資料
 ×『日本人物レファレンス事典 思想・哲学・歴史篇』 日外アソシエーツ株式会社/編集 日外アソシエーツ 2013年
 ×『明治大正人物事典 2』 日外アソシエーツ株式会社/編集 日外アソシエーツ  2011年
 ×『日本近現代人名辞典』 臼井勝美/編 吉川弘文館 2001年
 ×『昭和人名辞典』 日本図書センター 1987年
 ×『大正人名辞典』 五十嵐栄吉/著・編纂 日本図書センター 1987年
 ×『昭和物故人名録』 日外アソシエーツ株式会社/編集 日外アソシエーツ 1983年
 ×『近現代日本人物史料情報辞典』 伊藤隆/編 吉川弘文館 2004年
 ×『日本人名大事典』 平凡社 1979年
 ×『日本近現代人物履歴事典』 秦郁彦/編 東京大学出版会 2013年
 ×『新潮日本人名辞典』 新潮社辞典編集部/編集 新潮社 1991年
 ×『人物レファレンス事典 昭和<戦後>・平成編2<2003-2013>せ~わ』 日外アソシエーツ編集部/編 日外アソシエーツ 2013年
 ×『現代物故者事典 総索引2』日外アソシエーツ株式会社/編集 日外アソシエーツ 2012年
 ×『人物物故大年表 日本人編2』日外アソシエーツ株式会社/編集 日外アソシエーツ 2006年
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
武蔵野の地名 中島利一郎/[著] 新人物往来社 1976 291.36
日本地名学研究 中島 利一郎著 日本地名学研究所 1959 291.0189
キーワード
(Keywords)
中島利一郎
東洋歴史学
言語学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000244677解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!