このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2018-028
事例作成日
(Creation date)
2016年12月10日登録日時
(Registration date)
2018年08月09日 16時43分更新日時
(Last update)
2019年05月17日 16時04分
質問
(Question)
藤原道兼と藤原秀郷の関係について知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介した。

『国史大系 第58巻 尊卑分脈』(黒板勝美編輯 吉川弘文館 1966)
 p9「第一篇 系譜略図」 藤原鎌足から2代目「房前」の息子として「真楯」「清河」「魚名」が確認できる。「真楯」から8代目に「道兼」が確認できる。
『国史大系 第59巻 尊卑分脈』(黒板勝美編輯 吉川弘文館 1966)
 P267-268「贈太政大臣藤原朝臣房前五男也」
 P385-386「左大臣魚名公五男也」
 「魚名」から4代目に「秀郷」が確認できる。
『伝説の将軍藤原秀郷』(野口実著 吉川弘文館 2001)
 p24〔吾妻鏡〕による由来あり。
 p25「系図3 秀郷の父祖(『尊卑分脈』による)」があり、秀郷の4代前に「魚名」と記載あり。
『栃木県の歴史 県史 9』(阿部昭[ほか]著 山川出版社 1998)
 p82「藤原秀郷は藤原魚名の系譜を引くと称し」とあり。
回答プロセス
(Answering process)
1 自館目録を〈藤原道兼〉で検索する。
該当なし。

2 自館目録を〈藤原秀郷〉で検索する。

3 参考資料で系図を確認する。

4 下野国、栃木県に関する資料を確認する。
『人物でみる栃木の歴史』(栃木県歴史文化研究会編 随想舎 2011)
 p81-107「藤原秀郷」 藤原道兼との関係については記述なし。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 9版)
参考資料
(Reference materials)
『国史大系 第58巻 尊卑分脈』(黒板勝美編輯 吉川弘文館 1966)
『国史大系 第59巻 尊卑分脈』(黒板勝美編輯 吉川弘文館 1966)
『伝説の将軍藤原秀郷』(野口実著 吉川弘文館 2001), ISBN 4-642-07779-0
『栃木県の歴史 県史 9』(阿部昭[ほか]著 山川出版社 1998), ISBN 4-634-32090-8
キーワード
(Keywords)
藤原 道兼(フジワラ ミチカネ)
藤原 秀郷(フジワラ ヒデサト)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000240351解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!