このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000115933
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2012-133
事例作成日
(Creation date)
2012年02月18日登録日時
(Registration date)
2012年12月18日 11時27分更新日時
(Last update)
2013年05月16日 09時52分
質問
(Question)
小池利兵衛について、1 雑誌「ハイキング」の創業者か。2 生没年はいつか。
回答
(Answer)
1 創業者である。
雑誌『新ハイキング 325号』(新ハイキング社 1977年11月)「ハイキング小史 第2回」
  p93「昭和7年4月に創刊号を出した、雑誌「ハイキング」で、創刊号のタイトルは純旅行雑誌となっている。これを創刊したのは、小池利兵衛であるが、」
  p95「小池利兵衛は「ハイキング」の発行に踏み切ったのであるが、-当時47歳の小池利兵衛には-」とあり、昭和7年(1932)には47歳と考えられる。
雑誌『新ハイキング 別冊3号』(新ハイキング社 1990年7月)「ハイキング小史 第3回」 
  p33「小池利兵衛は「ハイキング」の創刊号に純旅行雑誌というタイトルをつけて発足したが」と記述されている。
  p35「昭和14年8月24日に小池利兵衛は病気で亡くなった。小池利兵衛がなくなったので、「ハイキング」は、品川で製菓実験社を経営する金子倉吉が社長に、編集は小池利兵衛の下で働いていた向後博が行うことになり、南品川の新事務所へ引継がれた。
2 生年についてははっきりと記載のある資料はなかったが、以下の情報を提供した。
『新ハイキング 325号』に「昭和7年(1932)には47歳である」との情報により、1885年(明治18)生まれか。
『新ハイキング 別冊3号』に「昭和14年8月24日に病気で亡くなった」とあり。
回答後に以下の情報を確認した。
《新ハイキング社》( http://www.shinhai.net/corporate.html 新ハイキング社 2013.4.2 最終確認)の沿革に「小池利兵衛氏のこと 2012.3 鮫島員義」あり。「明治18(1885)年茨城県水海道生まれ、昭和14年(1939年)8月24日に54歳で亡くなって」と記載されている。
回答プロセス
(Answering process)
《WHOPLUS》は〈小池利兵衛〉ヒットせず。
《MAGAZINEPLUS》は〈ハイキング〉〈新ハイキング〉とも収録誌ではない。
〈ハイキング〉ということばについて
『日本大百科全書 18』(小学館 1987)p509〈ハイキング〉の項 「hiking 一般に徒歩旅行と訳される。イギリスでは一八世紀ごろからウォーキングwalking(徒歩旅行)と同義に用いられたが、(略)日本では一九三〇年(昭和五)ごろから軽登山の意味で多く用いられた。(略)」
【調査済み資料】
『最新スポーツ大辞典』(大修館 1987)p963ー964 ハイキングについての説明はあり、小池利兵衛はなし。「ハイキングという言葉が使われるようになったのは、1927年ごろからという記述あり」
『スポーツ人名事典 新訂第3版』(日外アソシエーツ 2002)1995年以降に活躍したスポーツ関係者を収録。小池利兵衛はなし。
『ニュースポーツ事典 改訂』北(川勇人編 遊技社 2000)ハイキングなし。
『体育史資料年表』(今村嘉雄編 不昧堂 1963)年表では、1920年代・30年代「ハイキング」については、なし。
『新選ハイキング』(朋文堂編 朋文堂 1954)東京を中心としたハイキングの案内書。執筆者の中に小池利兵衛はなし。
事前調査事項
(Preliminary research)
鴻巣市内に石碑がある。
NDC
個人伝記  (289 9版)
日本語  (051 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
小池 利兵衛(コイケ リヘイ)
雑誌-日本
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000115933解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!