このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000043378
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2007-100
事例作成日
(Creation date)
2007/09/19登録日時
(Registration date)
2008年04月04日 02時11分更新日時
(Last update)
2016年07月13日 11時29分
質問
(Question)
北条氏康(1515~1571)の家臣である「伊達政充」の経歴と〈東北の伊達家〉との関係を知りたい。下山治久の著作に出ている可能性がある。
回答
(Answer)
北条氏康家臣「伊達政充」の経歴が記載されている資料は見つからなかったが、下山治久編著作資料①や下記資料②④に〈政充〉の名が散見する。また資料③⑤には、本国、生国ともに〈陸奥〉とあり、東北の伊達家との関係をうかがい知ることができる。
詳細については、以下の関係資料を紹介する。
①『後北条氏家臣団人名辞典』(下山治久 東京堂)p394「だて(伊達)」の項
「寛政譜 巻1204」を引用し、越前守〈政充〉は北条氏康に仕え、その子〈宗春〉が徳川家康に仕えて小笠原長忠に属したと記述あり。その嫡子で岩槻太田の家老与兵衛〈房実(フサザネ)〉の項があり、詳しい記述がある。
②『寛政重修諸家譜 18』(続群書類従完成会)p275「伊達」未勘(出自不明)
の項に、〈政充〉の名および、〈房成(房実)〉から始まる系図あり。
③『寛政譜以降旗本家百科事典 3』(東洋書林)p1674に、〈房成(房実)〉から8代目の「政誉(マサタカ)」の項に、本国は陸奥と記述あり。
④『姓氏家系大辞典 2』p3528「武相の伊達氏」に、北条家臣伊達越前守〈政充(五郎、庄兵衛)〉-興兵衛宗春-興兵衛房成〈房実〉-房次、と簡略系図あり。家紋「立三引、蟹牡丹、九曜」と記載がある。
郷土資料から
⑤『浅子家文書目録資料抄録(大宮市文化財調査報告 4)』(大宮市教育委員会)p61「資料1 先祖書」(9代政誉の文書)については以下のとおり。
仙台中納言伊達大膳大夫藤原朝臣〈輝宗〉-〈重実〉-伊達越前守〈政統(政充か)〉-伊達与兵尉〈房実〉と記録され、資料①②等との矛盾が生じている。即ち〈輝宗〉は『寛政譜 12』p320、『系図纂要 4上』p133にあるが、〈重実・政統〉は見あたらず。
なお、本国・生国が陸奥とあることから、東北の伊達家との関係がわかる。家紋は「竹に雀・立三引・蟹牡丹」とあり、東北伊達氏(藤原氏山蔭流)の家紋「三引両・竹に雀・牡丹類」(『寛政重修諸家譜 12』より)との類似点が見られる。
⑥『岩槻市史 古代・中世資料編 2』p485-488には『寛政重修諸家譜 18』の系図の転載あり。
回答プロセス
(Answering process)
〈下山治久〉の著作資料にあたる。
『後北条氏家臣団人名辞典』の「伊達」の項に〈政充〉関連記述があったが、経歴は書かれていない。『記録御用所本 古文書 上』(東京堂)p299(No780)「徳川家康書状」の項に、伊達与兵衛(房実)の名があり、解説欄に「伊達氏は武蔵国の出身で、太田氏に仕える・・・」とあるが、質問に関する記述なし。『北条早雲と家臣団』(友隣堂)にも記述なし。
その他の歴史資料を調査する。
『国史大系 39(徳川実紀2)』(吉川弘文館)p365に〈伊達与兵衛〉の名があるが、政充の経歴、出自なし。『戦国合戦大事典 2』(新人物往来社)p133-136「岩付城の戦い」の項に、房実による城の明け渡しの状況が出ているが、該当の内容ではない。
『戦国人名事典』(新人物往来社)p497に〈伊達房実〉の経歴があるが、政充なし。
次に岩槻太田の家老〈房実〉から、岩槻関係の郷土資料を探すが、該当記述が見つからず。
《Google》を探索、県内郷土史家のWebサイトに、足立郡大和田村が中世末から明治期はじめまで伊達氏(旗本)の支配下にあったことから、「寛政譜」「大和田村浅子家文書」の伊達氏〈先祖書〉を引用している考察が見つかった。
『浅子家文書目録資料抄録(大宮市文化財調査報告 4)』収載「先祖書」の関連記述を確認する。各史料による矛盾点も含め、関係資料の紹介とした。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
関東地方  (213 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『後北条氏家臣団人名辞典』(東京堂)
『寛政重修諸家譜 18』(続群書類従完成会)
『寛政譜以降旗本家百科事典 3』(東洋書林)
『姓氏家系大辞典 2』
『浅子家文書目録資料抄録(大宮市文化財調査報告 4)』
『岩槻市史 古代・中世資料編 2』
キーワード
(Keywords)
伊達 政充
伊達(氏)(ダテシ)
人名録
岩槻-大宮-埼玉県-歴史
郷土資料
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物 郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000043378解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!