このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
新潟県立図書館 (2110024)管理番号
(Control number)
新県図-00042
事例作成日
(Creation date)
2000/11/30登録日時
(Registration date)
2005年12月13日 02時11分更新日時
(Last update)
2010年11月25日 02時00分
質問
(Question)
ヘチマをどうやって食べたらよいか知りたい。南方の方では普通の食材として調理されているらしい。
回答
(Answer)
『料理食材大事典』(主婦の友社 1996 請求記号:R596-Sh99)p764によると、へちまの「原産地は熱帯アジアで、中国、インド、スリランカ、ジャワなどでは野菜として広く栽培されている。鹿児島、宮崎、広島、香川などでは「いとうり」と呼び、沖縄では「ナーベラー」と呼ぶ。特に沖縄や鹿児島で食用に栽培が多い。ゆでて酢みそで食べたり、煮物、汁の実、天ぷら、油炒めなどにする。インドやスリランカではカレー料理に入れる。」とあります。
また、事前調査された「南方で調理されている」こともヒントに調査したところ、以下の資料に記述がありました。

・『中国料理百科事典 6』(同朋社 1888 596-H32-6)p87~91
・『中国食文化事典』(中山時子著 角川書店 1988 383―Ki39)p280
・『おいしい沖縄料理』(尚承、高良菊、尚弘子著 柴田書店 1995 596-Sh95)p73~75
・『おいしいねNEW沖縄料理』(旭屋出版 1998 596-A82)p54
・『ベトナム家庭料理入門』(三浦行義、大野尚子著 農山漁村文化協会 1996 596-Mi67)p92
・『沖縄の味 味のふるさと23』(角川書店 1988 596-A27-23)p20~21
・『私の琉球料理』(新島正子著 柴田書店 1983 596-N72)p58~60、118~121
・『日本の食生活全集 49 日本の食事事典1 素材編』(農山漁村文化協会 1993 383-N71-49)p463索引
 同全集の鹿児島、宮崎、沖縄等の巻への指示があります。
・『聞き書鹿児島の食事』(農山漁村文化協会 1993 383-N71-46)等の該当巻
 該当ページに関連記事があります。
回答プロセス
(Answering process)
照会先:南方(沖縄、東南アジアなど)では冬瓜のように調理される。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
家政学.生活科学  (590 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
ヘチマの調理法
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
一般
質問者区分
(Category of questioner)
一般利用者
登録番号
(Registration number)
1000025743解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!