このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000015441
事例作成日
(Creation date)
2014/03/30登録日時
(Registration date)
2014年04月03日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年05月04日 14時58分
質問
(Question)
6歳の子どもに、両親が離婚したことを説明するのに役立つ絵本はあるか。
回答
(Answer)
『パパはジョニーっていうんだ』『モモちゃんとアカネちゃん』などをご紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
所蔵している絵本を「離婚」をキーワードに検索。

『パパはジョニーっていうんだ』(BL出版)
『パパのカノジョは』(岩崎書店)
『ぼくとパパは わかれている』(草土文化)
『パパとママがりこんしたとき』(アーニ出版)
『ココ、きみのせいじゃない』(太郎二郎社エディタス)
『あしたてんきになあれ』(未知谷)
『パパどこにいるの?』『おうちがふたつ』『恐竜の離婚』(明石書店、絵本シリーズ「パパとママがわかれたとき・・・」)
『今は話したくないの』(大月書店)
『会えないパパに聞きたいこと』(太郎二郎社エディタス)
『ボクは船長』(童話屋)
が、絵本で「離婚」を扱っているもの。

また絵本ではないが、幼年童話では講談社の「ちいさいモモちゃん」シリーズが離婚を扱っている。シリーズ第3巻『モモちゃんとアカネちゃん』の中の「森のおばあさん」で両親が離婚することになった理由を「根っこがからまりあって、どちらも枯れそう」と説明し、続く「おわかれ」で母親と子どもたちの引っ越しを描いている。第4巻『ちいさいアカネちゃん』第5巻『アカネちゃんとお客さんのパパ』などにも関連のエピソードがあり。これらも合わせてご紹介した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
読書.読書法  (019 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
絵本
離婚
子育て
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000151760解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!