このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
福岡県立図書館 (2110014)管理番号
(Control number)
福参-1141
事例作成日
(Creation date)
20190911登録日時
(Registration date)
2020年04月01日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年04月01日 00時30分
質問
(Question)
「国を守るのは軍隊ではなく外交だ」というようなことを、陸奥宗光らが新聞の社説で語ったと思うのだが、何か資料はないか?
回答
(Answer)
◆参考資料1『陸奥宗光 「日本外交の祖」の生涯』
p.255に「「(前略)論者多く云う、外交家背後の大勢力は武力にありと。然れども吾輩は云わんとす、国民外交上の智識にありと」
 外交を支えるものとして、一般的に言われている武力ではなく、智識が重要であると主張した。」と記述あり。
雑誌『世界之日本』第1号(明治29年7月創刊)の巻頭論説「世界の日本」に掲載されているとわかる。

p.258-259に明治30年に新聞『世界之日本』が創刊されたとわかる。
「陸奥は朝鮮政策について自ら原稿を書き、新聞『世界之日本』第二号(一月九日)の社説とした。」と記述あり。

◆参考資料2『ある明治リベラリストの記録』
p.119に、竹越興三郎は『世界之日本』で「(前略)第一号の巻頭に長文の社説「世界の日本」を掲げ(中略)外交上の知識がもっとも重要(以下略)」と主張したことがわかる。
回答プロセス
(Answering process)
1.「聞蔵Ⅱ」(朝日新聞データベース)、「ヨミダス歴史館」(読売新聞データベース)で検索するが見つからず。

2.自館OPACより件名「陸奥宗光」で検索。
  参考資料1、4が見つかる。

3.グーグルブックスよりキーワード「陸奥宗光 世界の日本」で検索。
  参考資料2、3、5が見つかる。


以下の資料は陸奥宗光と『世界之日本』について記載あり。

◇参考資料3『小村寿太郎とその時代』
p.147に陸奥宗光が『世界の日本』の社説に、三国干渉について書いたことがわかる。

◇参考資料4『陸奥宗光伯』
p.62に陸奥宗光の年譜には「明治二十九年(一八九六) (中略) 十二月、雑誌「世界之日本」を発刊、竹越与三郎に編集せしめ、以後寄書を続く。」という記述あり。

◇参考資料5『伯爵陸奥宗光遺稿』
p.567-655 世界之日本寄書集
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 陸奥宗光 佐々木 雄一/著 中央公論新社 2018.10 289/17/597 p.255-
2 ある明治リベラリストの記録 高坂 盛彦/著 中央公論新社 2002.8 289/14/418 p.119
3 小村寿太郎とその時代 岡崎 久彦/著 PHP研究所 1998.12 210/6/304 p.147-
4 陸奥宗光伯 陸奥宗光伯七十周年記念会/編 陸奥宗光伯七十周年記念会 1966 289/17/S42 p.62
5 伯爵陸奥宗光遺稿 陸奥 宗光/著 岩波書店 1929 28//ハ1420B p.567-655
キーワード
(Keywords)
陸奥宗光 外交 社説 雑誌 世界之日本 世界の日本
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000279913解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!