このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000137629
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000000503
事例作成日
(Creation date)
2009/05/13登録日時
(Registration date)
2013年09月30日 00時30分更新日時
(Last update)
2013年10月16日 13時36分
質問
(Question)
『ガリア戦記』のラテン語版を見るにはどうすればよいか。ラテン語版が取り寄せできない場合、ドイツ語版または英語版でもよい。
回答
(Answer)
大阪府立図書館に、ガリア戦記のラテン語版があり。取り寄せて借りていただいた。
回答プロセス
(Answering process)
『ガリア戦記』のラテン語名は「commentarii de bello Gallico」。
当市にはガリア戦記は日本語版のみ所蔵。

大阪府立図書館の所蔵資料を「commentarii」で検索し、取り寄せて内容を確認したところ、
『Caesaris commentarii』vol.1とvol.2「De bello Gallico」が、
ラテン語版ガリア戦記であると判明。こちらを借りていただいた。
なお英語版『Caesar's war commentaries de bello gallico and de bello civili』も大阪府立図書館に所蔵があり。

またWEBでは「THE LATIN LIBRARY」 http://www.thelatinlibrary.com/  で「Caesar」を開くと、ガリア戦記のラテン語版を見ることが可能。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
ヨーロッパ史.西洋史  (230 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
ガリア戦記
ラテン語
カエサル
シーザー
文学
歴史
イタリア
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000137629解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!