このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000248992
提供館
(Library)
福岡県立図書館 (2110014)管理番号
(Control number)
福参-1104
事例作成日
(Creation date)
20180727登録日時
(Registration date)
2018年12月22日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年12月22日 00時30分
質問
(Question)
ラッキーセブンの由来を知りたい。
回答
(Answer)
◆参考資料1『数の話題事典』p.6
「7」の〔特色〕として記述あり。
「野球で7回はラッキーセブンとされ、攻撃側のチャンスの数という。これは1930年代アメリカの大リーグで、サンフランシスコ・ジャイアンツが何度も7回に逆転の得点を入れたという偶然の出来事に由来する。しかし、もともとこの数は奇跡、幸運、神秘などを表す数として東洋でも西洋でも認められていた。このため、ラッキーセブンは野球以外にも用いられるようになり、たちまち全世界に広まった。」

◆参考資料2『暮らしのことば新語源辞典』p.905
「野球で七回の攻撃。七を幸運の数とすること。英語のlucky seventhからの外来語。両チームの七回の攻撃を幸運の回とするところから。七回は投手の疲れが出始めるのに対して、打者は逆に投球に慣れ、得点の機会に恵まれるケースが多いということが背景にあろう。織田作之助『競馬』の「血走った眼を閉じて鉛筆の先で出馬表を突くと、七番に当ったのでラッキーセブンだと喜び」は、七を幸運の数とした言い方である。」
との記述あり。

◆参考資料3『数のつく日本語辞典』p.196
「lucky seventh 野球で、一試合のうちの七回目の攻撃。幸運な七回目という意味。攻撃にとって七回ごろは球種にも慣れ、ピッチャーも疲れてくるので、攻撃しやすく、得点の機会にも恵まれることが多いところからいう。一八六〇年ごろ、サンフランシスコ・ジャイアンツが七回の攻撃で、何度も逆転劇を演じたところからいわれ始めた。」
との記述あり。

以下の資料にも同様の記述あり。
◆参考資料4『日本大百科全書』p.130
◆参考資料5『広辞苑 (第7版)』p.3057
◆参考資料6『日本語源広辞典(増補版)』p.1118
回答プロセス
(Answering process)
①辞書類で調べる
参考資料4.5に記述を確認。

②語源辞典を調べる
参考資料2.6に記述を確認。

③「数 事典」「数 辞典」をキーワードに自館検索
参考資料1.3に記述を確認。

◆『日本数字用語辞典』村石 利夫/著(日本文芸社 1980.12)
◆『数字雑学事典』 相沢 正夫/著(毎日新聞社 1979)
には、ラッキーセブンの記述はなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
辞典  (813 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 数の話題事典 上野 富美夫/編 東京堂出版 1995.4 031/5R/12 p.6
2 暮らしのことば新語源辞典 山口 佳紀/編 講談社 2008.11 813/6R/48 p.905
3 数のつく日本語辞典 森 睦彦/著 東京堂出版 1999.4 031/5R/16 p.196
4 日本大百科全書 23 小学館 1988.9 031/R/70-23 p.130
5 広辞苑 新村 出/編 岩波書店 2018.1 813/1R/10B p.3057
6 日本語源広辞典 増井 金典/著 ミネルヴァ書房 2012.8 813/6R/51 p.1118
キーワード
(Keywords)
ラッキーセブン 7 野球 サンフランシスコ・ジャイアンツ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000248992解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!