このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2019-0026
事例作成日
(Creation date)
2019/11/28登録日時
(Registration date)
2019年12月26日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年12月26日 00時30分
質問
(Question)
2004年以降から使用されているパラリンピックシンボルの「スリーアギトス」について、構成する三色や曲線の意味を教えてほしい。
回答
(Answer)
『まるわかり!パラリンピック』には2004年アテネ大会以降のパラリンピックのシンボル「スリーアギトス」について、次のように説明されています。
 「世界の国旗にもっとも多く使われている色として赤・青・緑の三色が使われています。また、三つの曲線は「動き」を象徴したもので、世界中の選手がパラリンピックの舞台に集まることを意味しています。このマークは、選手たちがスポーツを通して世界の人びとを感動させていること、パラリンピックにかかわるすべての人たちが、いつも前進しあきらめないことを表現しています」。

 また、『パラリンピック大事典』では次のように書かれています。
 「「アギト」(ラテン語で「私は動く」という意味)と名づけられたラインが3本組み合わされ、「スリーアギトス」とよばれています。世界の国旗で多く使われている色である赤・青・緑のアギトは、円を囲むように置かれ、世界中から選手が集まり、競い合う様子を表しています。このシンボルには、選手たちが決してあきらめずに前進し、世界を動かしているという意味がこめられています。」

 一方、『オリンピック・パラリンピックで知る世界の国と地域 1』では、次のとおりです。
「「赤、青、緑の3色は、世界中の国旗でもっとも多く使われている色で、人間にとって重要な心、体、魂という3つの要素を示している。カーブのかかった線は、パラリンピック選手の活躍が世界の多くの人たちを勇気づけることを表現したもので、「スリー・アギトス」とよばれる。」
 
 なお、日本パラリンピック委員会のサイトでは、「このシンボルマークは「スリーアギトス」と呼ばれています。「アギト」とは、ラテン語で「私は動く」という意味で、困難なことがあってもあきらめずに、限界に挑戦し続けるパラリンピアンを表現しています。赤・青・緑の三色は、世界の国旗で最も多く使用されている色ということで選ばれました。 」と記載されています。
日本パラリンピック委員会のURL (2019年12月1日現在)  https://www.jsad.or.jp/paralympic/what/index.html
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
スポーツ.体育  (780 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 まるわかり!パラリンピック [1] パラリンピックってなんだろう? 日本障がい者スポーツ協会∥監修 文研出版 2014.10 JB-78 p.7

2 パラリンピック大事典 和田浩一∥監修 金の星社 2017.3 JB-78 p.11

3 オリンピック・パラリンピックで知る世界の国と地域 1 オリンピック・パラリンピックの歴史 日本オリンピック・アカデミー∥監修 小峰書店 2018.4 JB-78 p.29
キーワード
(Keywords)
スリーアギトス
パラリンピック
シンボルマーク
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000271600解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!