このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
参調 16-0062
事例作成日
(Creation date)
2016/06/30登録日時
(Registration date)
2017年03月29日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年03月29日 00時30分
質問
(Question)
中高生のスポーツ指導において、1週間に一度は休息をとろうという根拠にしたいので、スポーツ科学の資料で休息をとった方が良いという内容のものはあるか。
回答
(Answer)
スポーツ科学、スポーツトレーニングの資料のうち、比較的新しいものから調査を行い、次の資料から該当する記述を見つけた。

回答資料1:p89~104の「5章 トレーニング理論」の中で、p90~91にトレーニング過多による「オーバートレーニング」について記述があり、p94~95に負荷をかけてから栄養を与え、休息をとり、筋疲労を回復させる「超回復」について記述があった。

回答資料2:p24~25には幅広い世代の健康維持等においては週3回、30分以上継続的にトレーニングを行うと良いという記述があり、p170~181の「オーバーエクササイズ」の中で、回答資料1同様不十分な回復によるオーバートレーニングについて記述があった。

回答資料3:p210~211に回答資料1,2同様オーバートレーニングについて記述があった。


児童書については、トレーニング理論に関する資料で比較的新しいものは見つからず。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
スポーツ.体育  (780 7版)
参考資料
(Reference materials)
1 健康・スポーツ科学講義 出村/愼一?監修 佐藤/進?[ほか]編集 杏林書院 2011.9 780.1/KE p89~104

2 トレーニング科学 北川/薫?編集 文光堂 2011.11 780.7/TO p24~25,170~181

3 図解スポーツトレーニングの基礎理論 横浜市スポーツ医科学センター?編 西東社 2007.9 780.7/Z p210~211
キーワード
(Keywords)
スポーツ科学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000213404解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!