このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001020100
事例作成日
(Creation date)
2016/11/10登録日時
(Registration date)
2017年01月08日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年01月08日 00時30分
質問
(Question)
チョウザメの養殖についての資料が知りたい。
回答
(Answer)
次の資料にチョウザメの養殖に関する記述がありました。

[図書]
・『淡水魚 (水産増養殖システム)』(隆島史夫/編  恒星社厚生閣 2005.12)
p.303-307 「29.チョウザメ」の章があり、生物学的特徴、形態、増養殖環境、種苗、食用魚養成、病気、需給見通しについての記述があります。

[雑誌]

「CiNii」(国立情報学研究所)や「J-GROBAL」(科学技術総合リンクセンター)で検索したところ、チョウザメの養殖についての論文は次のものがありました。

・稻野俊直[ほか]「地域活性とビジネス(3)宮崎県から高級熟成キャビアが世界へ 30年かけてチョウザメの完全養殖事業化に成功」『JMAマネジメント』 4(6)(日本能率協会 2016.6)p.16-21,
・「食品 ロシアのチョウザメ養殖ビジネス」『ボストーク通信』(1135) (JSN 2016.3.28)p.2-3
・平岡潔「閉鎖循環システムの設備と管理の勘所 : 27年稼働中のチョウザメ飼育現場から (特集 当世「陸上養殖」の実相 : 現役事例の近況と課題)」 『アクアネット = Aqua net : 産地と消費地をネットする水産情報誌』18(12), ,18,(湊文社 2015.12) p.24-27
・萩原聖士「水産学若手の会が考える「内水面養殖」のチカラ(第1回)北海道におけるチョウザメ養殖研究と産業化への取り組み」『養殖ビジネス = Aqua culture business 52(11),』(緑書房 2015.10) p. 47-51,
・兒玉龍介「県内漁業の最前線(第9回)内水面養殖漁業(チョウザメ) 宮崎県水産試験場 内水面支場」『調査月報』 (259) (みやぎん経済研究所 2014.12) p. 24-27,
・吉紅[ほか]「海外 よくわかる! 世界の養殖業(第17回)中国のチョウザメ養殖産業 種別・産地別生産推移と4つの課題」『養殖ビジネス = Aqua culture business』 50(12) (緑書房 2013.11)p. 34-36,
・平岡潔「養殖技術講座 チョウザメの養殖技術と経営(最終回)チョウザメの養殖経営について」『養殖』 48(5)(緑書房 2011.4) p.43-45

関連すると思われる論文を2件紹介します。
・相澤洋輔[ほか]「青函トンネル地下水(2/3海水)によるチョウザメ飼育」『日本水産学会北海道支部大会講演要旨集 2013』(日本水産学会 2013)p.41
・牧野琢真 [ほか]「チョウザメ海水馴致への挑戦」『日本魚類学会年会講演要旨 46th』(日本魚類学会 2013.10)p.91

[事例作成日:2016年11月10日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
水産増殖.養殖業  (666 8版)
脊椎動物  (487 8版)
参考資料
(Reference materials)
淡水魚 隆島/史夫∥編 恒星社厚生閣 2005.12 (303-307)
http://ci.nii.ac.jp/  (CiNii(国立情報学研究所)(2016/11/10現在))
http://jglobal.jst.go.jp/  (J-GROBAL(科学技術総合リンクセンター)(2016/11/10現在))
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000205986解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!