このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢新所-2019-011
事例作成日
(Creation date)
2018/05/18登録日時
(Registration date)
2020年03月04日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年03月04日 10時20分
質問
(Question)
文鳥は黒っぽいのがオスで、白いのがメスですか。
回答
(Answer)
文鳥のオスとメスは同じ羽色です。羽色の違いは、種類の違いによるものです。
以下の資料に記載があります。
 
 〇『インコ・ブンチョウ カナリアなどの飼い方』 成美堂出版 1998年
 〇『鳥の飼育大図鑑 』 江角正紀/解説 ペットライフ社 2008年
回答プロセス
(Answering process)
1.所蔵資料の内容確認 
 〇『インコ・ブンチョウ カナリアなどの飼い方』 成美堂出版 1998年
   p.93-126「ブンチョウ」の項あり。
   p.93「性別の鑑定:羽色はオス、メスとも同じ。くちばしは、オスのほうが厚くメスは細長い」との記載あり。
   p.95「ハクブンチョウは日本が本場」に「全身真っ白なハクブンチョウは、江戸時代末期に日本で生まれた品種。」「このハクブンチョウと原種の間に生まれたのが、グレーに白が混じったサクラブンチョウ。」との記載あり。
 
 〇『鳥の飼育大図鑑 』 江角正紀/解説 ペットライフ社 2008年
   p.64「ブンチョウ」の項あり。「性別:雌雄同色で判別困難。オスは囀る。嘴の盛り上がりはオスが大きく、目の周囲の色もオスは濃いが慣れないと難しい。」との記載あり。
 
 △『インコ・ブンチョウのたのしい育て方』 霍野晋吉/監修 成美堂出版 2000年
   p.39「オスとメスのちがい」に「オス くちばしと目のまわりの赤い色が濃く、上のくちばしが大きく盛りあがっている。」「メス オスにくらべてくちばしと目のまわりの色が薄く、上のくちばしが盛りあがっていない。」との記載あり。  
   p.40-41「ブンチョウの種類」に
     「並ブンチョウ 原種の種類。黒とグレーがはっきりとして、もようが入っていません。」
     「ハクブンチョウ 名前のハクは白のこと。名前どおり全身がまっ白で、くちばしと目のまわりだけが赤い種類です。江戸時代に日本で作られたといわれています。」
     「シルバーブンチョウ 体が薄いグレーをしています。少し水色がかったブンチョウもいます。」
     「シナモンブンチョウ 並ブンチョウやサクラブンチョウの黒の部分が茶色で、グレーの部分がシナモン色をしています。」
     「サクラブンチョウ 並ブンチョウとにていますが、体に白いもようが入っています。このもようが桜の花びらのようなので、サクラブンチョウと呼ばれています。」と記載あり。
 
 △『小鳥のひみつ』 酒井かおる/文 ポプラ社 1998年
   p.73「ブンチョウのおすとめすはどこで見わけるの?」の回答に「くちばしで見わけます。くちばしが大きく、上くちばしがもりあがっていて、赤の色がこいのがおす。上くちばしの線がなだらかで、全体にやや細長く、赤の色もうすいのがめすです。(中略) あとは、鳴き声がちがいます。生まれて3か月くらいで、『グジュグジュ』と練習を始め、きれいな声でさえずるようになるのは、おす。めすは『チッチッ』と鳴くくらいです。」と記載あり。
   p.76「ブンチョウのひなが何色になるかわかる?」の回答に「ブンチョウには、まっ白なハクブンチョウ(シロブンチョウ)と灰色に白がまざったサクラブンチョウがいます。(以下省略)」と記載あり。
 
 △『楽しい文鳥生活のはじめ方』 濱本麻衣/監修 ナツメ社 2015年
   p.26「オスとメスの見分け方」に「オスはクチバシが丸みをおびて太め、メスはクチバシが細くてうすめ」「オスは脚が太め、メスは脚が細くて小さめ」とあるが、「見分け方についていろいろな説がありますが、実際の所はよくわからないというのが本当。」との記載もあり。
   p.36-39「文鳥の品種カタログ」に
     「桜文鳥 野生の文鳥の色がそのまま出たノーマル文鳥に、白い羽毛が散るように混じった文鳥を『桜』と呼びます。」
     「白文鳥 全身がまっ白で、クチバシと脚だけが赤い種です。」
     「シルバー文鳥 ノーマルが薄くなったような濃いシルバーの子から、淡いシルバーの子まで、濃淡には幅があります」
     「アゲイト文鳥 桜文鳥では、黒色となる頭や尾の部分が赤褐色に変化した珍しい種です」
     「シナモン文鳥 全身が淡い褐色をしていますが、濃淡の幅はあります。」
     「クリーム文鳥 シナモン文鳥からさらにパステル調に色変わりした種です。」との説明とそれぞれの文鳥の羽色が分かる写真の記載あり。 
 
2.記載のなかった資料 
 ×『世界大百科事典 25』 平凡社 2007年
 ×『総合百科事典ポプラディア 9』 ポプラ社 2011年
 ×『世界鳥類大図鑑』 バードライフ・インターナショナル/総監修 山岸哲/日本語版総監修 ネコ・パブリッシング 2009年
 ×『日本の鳥550 山野の鳥』 五百澤日丸/解説 山形則男/解説 山形則男/写真 吉野俊幸/写真 五百澤日丸/写真 文一総合出版 2014年
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
家禽  (646 9版)
参考資料
(Reference materials)
インコ・ブンチョウ カナリアなどの飼い方 成美堂出版 1998.8 646.8 4-415-00681-7
鳥の飼育大図鑑 江角正紀/解説 ペットライフ社 2008.3 646.8 978-4-903518-21-3
キーワード
(Keywords)
文鳥
羽色
原種
品種改良
スズメ目
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
小学生
登録番号
(Registration number)
1000275142解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!