このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001042849
事例作成日
(Creation date)
2020/02/23登録日時
(Registration date)
2020年04月09日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年04月09日 00時30分
質問
(Question)
京の官名にならって、関東武士が用いた「東百官」に関する史料を探している。
回答
(Answer)
『広文庫』に「東百官」の項目があり、各史料の関連する記述が収録されています。
・『広文庫 第1冊』(物集高見/著 広文庫刊行会 1926.10)
「東百官」の項目があり、『四季草 秋ノ中』、『貞丈雑記 2』、『故実叢書 安斎随筆19』、『故実叢書 安斎随筆 21』、『信白毫抄 1』、『燕石十種神代余波 下』、『国学忘貝 下』、『世事百談 3』、『草茅危言 2』の各史料の関連部分の記述が収録されています(p.709-712)。

また『国史大辞典』には4件の参考文献が紹介されています。
・『国史大辞典 1』(国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1979.3)
「東百官」の項目があり、参考文献には「伊勢貞丈『安斎随筆』一九(『(新訂増補)故実叢書』九)、同『貞丈雑記』二(同一)、留守友信『称呼弁正』、高井蘭山『日用重宝記』」との記述があります(p.214)。

[事例作成日:2020年2月23日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 10版)
参考資料
(Reference materials)
広文庫 第1冊 物集/高見∥著 広文庫刊行会 1926 (709-712)
国史大辞典 1 国史大辞典編集委員会∥編 吉川弘文館 1979.3 (214)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000280349解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!