このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
参調 19-0022
事例作成日
(Creation date)
2018/07/14登録日時
(Registration date)
2019年12月25日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年12月25日 00時30分
質問
(Question)
①杵築大社(きづきのおおやしろ)は、江戸近くの小村「境村」に分祀したのか。
②杵築大社の宮司は、代々特定の家に決まっているのか。
③杵築大社は玉川上水の工事に関係していたのかどうか。(キッカケとしては、奈良の三輪山神社での、くぐればくぐるほど身をきれいにする=水と関係、といった経緯からの疑問。)

上記の内容が分かるような資料があれば教えてほしい。

・その質問の出典や情報源、調査済み事項など
浦幌町にある吉野神社にあった幕に「杵築神社」と印字されていたのを見て、杵築大社についても同時に調べている。
①杵築大社=出雲大社であったことが分かり、境村に分祀したかどうかについては、ネット検索をしたところ、一般のブログで武蔵野の杵築大社にある「境内の掲示」の内容が引用され、境村の氏神社となった旨が記されていた。
③玉川上水については、「東京都水道局」のHPに歴史等が掲載されていたが杵築大社との関係については不明。
回答
(Answer)
①『武蔵野市史』p272~273の第3章第4節「境村」の項で、「鎮守として杵築大社(出雲大社)を祀り」という説と「杵築と稲荷の両社を奉祀した」という説を説明しており、いずれも境村が成立した1600年台には杵築大社を祀っていた由。
また、他の神社、出雲大社、歴史関係資料に当たっても情報がなかったが、インターネットで「杵築大社」「境」で検索すると、現在も存在する神社であることがわかり、wikipediaにも情報がある。

②神社、出雲大社、歴史関係資料に当たったが、宮司に関する情報は見つからず。

③『武蔵野市史』p344~351第4章第4節「玉川上水と千川用水」の玉川上水に関する記述を確認したが、杵築大社が関わっていた記載は見つからず。
回答プロセス
(Answering process)
「回答」に記載
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 7版)
参考資料
(Reference materials)
1 武蔵野市史 武蔵野市史編纂委員会∥編 武蔵野市 1970 213.6/MU p272~273,p344~351
キーワード
(Keywords)
杵築大社
出雲大社
境村
武蔵野
玉川上水
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
当館で調べられる情報には限界があるため、武蔵野市立図書館への問い合わせを勧める。
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000271350解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!