このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
宮城県図書館 (2110032)管理番号
(Control number)
MYG-REF-200011
事例作成日
(Creation date)
2020/05/02登録日時
(Registration date)
2020年07月03日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年07月03日 00時30分
質問
(Question)
「おなら竜」という絵本があるか調査をお願いしたい。インターネットでも探してみたが該当する資料が見つからない。手がかりとして,下記の事がわかっている。
・講談社から出版されている絵本
・ドイツの作家の作品で翻訳されたもの。
・新聞記事に紹介されていた。
回答
(Answer)
お問い合わせ頂いた『おなら竜』の資料名では,該当する資料は見当たりませんでした。
参考までにインターネットで「おなら」「竜」「ドイツ」「絵本」「講談社」をキーワードに検索したところ,「講談社BOOK倶楽部」のウェブサイトにて以下の資料ありましたのでご案内します。

資料1 ミヒャエル・ゾーヴァ 作・絵, 木本栄 訳『ひみつのプクプクハイム村』講談社, 2013【E/13X】 ※【 】内は当館請求記号です。

・「講談社BOOK倶楽部」 http://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000208591  (最終アクセス日:2020/04/30)
「内容紹介 昔むかし、プクプクハイムが、まだクサイハイム村と呼ばれていた頃、村人たちがいつもおおいに頭を悩ませていることがあった。それは村全体が、クサイこと。じつは、村の近くのおケツ山に巨大な謎の生き物が住んでおり、村の作物を食べては、おならをしまくっていたのだ。 村人は一致団結して、謎の生物退治に乗り出すが・・・・・。
現代ドイツを代表する画家、ミヒャエル・ゾーヴァが、はじめて絵だけでなく文章も手がけた絵本。竜のおならに悩まされていた村人たちが、おならで逆襲して大成功!という笑えるお話です。」

・2013年11月9日(土)の読売新聞夕刊10面にて「ドイツ人画家が絵本 おなら竜巡るおかしな物語」という記事ありました。『ひみつのプクプクハイム村』が紹介されています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
漫画.挿絵.児童画  (726 9版)
参考資料
(Reference materials)
ミヒャエル・ゾーヴァ?作・絵 木本/栄?訳. ひみつのプクプクハイム村. 講談社, 2013.10【E/2013.X】:
キーワード
(Keywords)
Sowa, Michael(ミヒャエル, ゾーヴァ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000283937解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!