このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000017080
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-1997-034
事例作成日
(Creation date)
1997/06/19登録日時
(Registration date)
2005年02月11日 02時34分更新日時
(Last update)
2011年01月27日 16時22分
質問
(Question)
『騎西町史 近世資料編』の中の「西国道中日記」の文中〈ぼういれ〉という言葉の意味を知りたい。伊勢神宮参拝の折、御師の家(宿)に泊まった際の記述にあった。
回答
(Answer)
『近世羽生郷土史』(平井辰雄編 羽生市古文書に親しむ会 1984)
「奥州参り日記帳」に〈坊入〉の記述あり。
『伊勢西国道中記』(狭山古文書勉強会編 狭山古文書勉強会 1990)に〈坊入 壱人前金壱分也〉とある。
回答プロセス
(Answering process)
『日本国語大辞典』『古語大辞典』『江戸語事典』『神道事典』『伊勢神宮日記考』等を調査するが、記述なし。
『東海道中膝栗毛』の補注部分及び『お伊勢まいり』にもなし。
三重県・お伊勢まいり資料館に問い合わせるが判らないとのこと。
三峯神社に問い合わせると「神社や寺に入って休憩したり、宿坊に泊まったりすること。普通〈坊入〉と書き、〈ぼういり〉または、〈ぼうにゅう〉という」との回答あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
神社.神職  (175 9版)
参考資料
(Reference materials)
『近世羽生郷土史』(平井辰雄編 羽生市古文書に親しむ会 1984)
『伊勢西国道中記』(狭山古文書勉強会編 狭山古文書勉強会 1990)
キーワード
(Keywords)
参詣
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000017080解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!