このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000014774
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2003-080
事例作成日
(Creation date)
2003/06/10登録日時
(Registration date)
2005年02月11日 02時12分更新日時
(Last update)
2009年10月02日 10時17分
質問
(Question)
和達清夫の自叙伝が読みたい。特に満州での生活がどのようであったか知りたい。 
回答
(Answer)
自叙伝は確認できなかった。
回答プロセス
(Answering process)
『人物書誌索引 78/91』『日本人物文献索引 政治・経済・社会』には記述なし。

自館目録を〈和達清夫〉で検索すると12件ヒットする。
その中で『お天気博士藤原咲平』p25に「・・・実際は藤原台長の命をうけて満州新京の航空軍でほとんど働いていた」と記述あり。
『病とたたかう』p83に「・・・私は満州に職を与えられ、馴れぬ大陸に滞在三年、そして終戦間際に再び東京勤めとなった」と1頁位の記述あり。
《NDL-OPAC(雑索)》を〈和達清夫〉で検索すると数件ヒットする。
そのうち「和達清夫博士の生い立ち」(『気象 通巻508号』)には誕生から中央気象台勤務までが記述されている。
『地学雑誌 104(4)』には「1943年12月1日旧満州国中央観象台長として大陸の気象研究に専念、終戦直前7月中央気象台予報部長兼総務部長となりという記述がある。いずれも断片的なものであり、自叙伝というまとまった書誌は確認できず。

《Google》〈満州 & 観象台〉で検索すると「旧満州国中央観象台史」(出淵重雄 1988:国会、都立中央、神奈川県川崎など)があるが、県立では未所蔵なので内容は未確認。
調査期限のため、ここまでで終了する。

追記:《WHOPLUS》で〈和達清夫〉を検索すると図書一覧が28件、記事・論文一覧が54件あり。内容的に自叙伝らしいと判断できる書誌は見あたらず。
元職:環境庁顧問、埼玉大学学長、気象庁長官 筆名:西須 諸次(さいす もろじ)。
(2009/10/02最終確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
調査済み資料:「日本人名大事典」
NDC
個人伝記  (289 9版)
気象学  (451 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
和達 清夫(ワダチ キヨオ)
自叙伝
気象学-気象台
満州-中国
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000014774解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!