このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
関西大学図書館 (3310026)管理番号
(Control number)
関大総図 17A-47J
事例作成日
(Creation date)
2017年11月15日登録日時
(Registration date)
2018年01月29日 19時32分更新日時
(Last update)
2018年09月05日 11時36分
質問
(Question)
この『Sismondi e la Svizzera Pesciatina』というPDFは何の資料か。右下に見える『La Svizzera Pesciatina』という本の一部だろうか。正確な書誌事項等を調査頂きたい。
回答
(Answer)
提供元団体のウェブサイトはこちらです。Associazione Onlus Progetto Terravivaという団体です。【最終アクセス2018/7/17】

「DOSSIER CANDIDATURA UNESCO」以下の”NATURA E TERRITORIO”や”STORIA E CULTURA”の画面から、各項目のPDFが公開されています(右側にリンクが出ています)。ただし、資料の冒頭6ページ程度がこのサイトにはありません。冒頭部分は個人がアップしている情報ですが、以下のサイトでご確認頂けます。
https://issuu.com/stefantischer/docs/print0 【最終アクセス2018/7/17】

当該資料のタイトルは『Dalla Valleriana alla Svizzera Pesciatina』であると考えられます。また、目次のページに「Sismondi e la Svizzera Pesciatina p.52-57」という記述があります。発行元団体のウェブサイトの内容から、このPDFはSvizzera Pesciatinaの 世界遺産登録申請に関連して、UNESCOに提出された資料と考えられます。

出版事項が明記されておらず、トスカーナ近郊の公共図書館等にも所在がなかったため、出版物として一般に流通した可能性は低いです。

その後2012年に同名の図書が発行されており、この資料の説明文にもUNESCOの申請のことが書かれています。
https://www.ibs.it/dalla-valleriana-alla-svizzera-pesciatina-libro-vari/e/9788863153880 【最終アクセス2018/7/17】
今回発見されたPDFと関連がある可能性が考えられます。

2012年版の資料は国内には無いようですが、Harvardなどいくつかの図書館で所在が確認できています。ただし、”Sismondi e la Svizzera Pesciatina”が掲載されているという情報は現在発見できておりません。
回答プロセス
(Answering process)
断片的なPDFであったため、URLを辿って、提供元サイトを特定。
Associazione Onlus Progetto Terravivaのサイトには「Pdf completo da scaricare」(フルテキストのPDF版)へのリンクがあったが、実際にはp.7-10のみの不完全なPDFだったため、このような複雑な調査になった。
各章のPDFはリンク切れの状態でウェブに浮いているものもいくつか見つかっている。
事前調査事項
(Preliminary research)
質問者はGoogle検索で偶然この資料を発見したとのこと。
NDC
経済学.経済思想  (331)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
Sismondi, J.-C.-L. Simonde de : シスモンディ,ジャン=シャルル=レオナール・シモンド・ド
Svizzera Pesciatina
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
専任教員
登録番号
(Registration number)
1000229349解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
関連ファイル
(Related Files)

利用者が持参したPDF

Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!