このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001017097
事例作成日
(Creation date)
2016/07/08登録日時
(Registration date)
2016年10月02日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年10月02日 00時30分
質問
(Question)
「てるてる坊主」の歌の解説が掲載されている本はありますか。
回答
(Answer)
次の資料に歌の解説がありました。

『唱歌・童謡ものがたり』 (読売新聞文化部/著 岩波書店 1999.8)
p104~107に「浅原六朗(号は鏡村)という人物が1921(大正10)年ごろに 故郷に向かう前日に山にかかる雲をみて、明日は天気であってくれればいいと 思ったことから「てるてる坊主」の第一節が浮かんだ」と記されています。
また、当初は4番まであった歌が現在の3番までに変更された経緯や 「首をちょんぎるぞ」という歌詞が残された理由なども知ることができます。

『日本童謡事典』 (上笙一郎/編 東京堂出版 2005.9)
p253~254に記述があります。内容は前述とほぼ同じです。

また、「てるてる坊主」の表記の違いについて書かれた資料がありましたので、 参考までにご紹介します。

『「のっぺら坊」と「てるてる坊主」 現代日本語の意外な事実』 (松井栄一/著 小学館 2004.4)
p11~20に「明治から大正にかけて出版された言葉の意味を調べる辞典の 見出しを調査したところ、「てるてる坊主」は「てりてり坊主」と表記されている ものが圧倒的に多く、「てりてり」は江戸中期から使われていた言葉でありながら、 明治期においてその用例が少ない」と記されています。

[事例作成日:2016年7月8日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
声楽  (767 8版)
参考資料
(Reference materials)
唱歌・童謡ものがたり 読売新聞文化部∥著 岩波書店 1999.8 (104-107)
日本童謡事典 上/笙一郎∥編 東京堂出版 2005.9 (253-254)
「のっぺら坊」と「てるてる坊主」 松井/栄一∥著 小学館 2004.4 (11-20)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌事項調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000197658解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!