このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001042693
事例作成日
(Creation date)
2020/02/13登録日時
(Registration date)
2020年04月09日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年04月09日 00時30分
質問
(Question)
直木三十五が、朝日新聞で『弘法大師』という小説の連載をしていたが、直木は病に倒れ、この作品については、連載休止となったらしい。それはいつ頃のことか知りたい。連載は第何回まで続いたのか。
回答
(Answer)
『聞蔵』(朝日新聞オンラインDB)で調査したところ、
1934(昭和9)年1月5日 東京/夕刊 1頁 に、「 弘法大師(1)/直木三十五 木村武山画<イラスト>」 で連載がはじまっており、1934年 2月19日 第38回で病気のため休止となっていました。

・『朝日新聞の作家たち:新聞小説誕生の秘密』(新延修三/著 波書房 1973)
p.69によれば「『弘法大師』の連載は、昭和九年一月五日から堂々としたもので、すでにはじまっていた。(中略)二月になって、帝大病院に入院させた。執筆はとてものことに続けられない。社では直木に代わって大朝の天さん人語士、永井瓢斎こと釈瓢斎に続篇を書かせて当面をしのいだ。(中略)」との記述があります。

『朝日新聞』1934年2月25日東京/朝刊11面に「直木三十五氏、昨夜遂に逝く 惜むべし天才作家 血と汗の一生 本紙の『弘法大師』が絶筆 一代の傑作源九郎も未完成<写> 1934年2月24日午後11時4分に逝去した。享年44歳」の掲載があり、菊池寛氏の談話なども掲載されています。

[事例作成日:2020年2月13日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
ジャーナリズム.新聞  (070 10版)
小説.物語  (913 10版)
参考資料
(Reference materials)
朝日新聞の作家たち 新延/修三∥著 波書房 1973 (69)
キーワード
(Keywords)
直木三十五(ナオキサンジュウゴ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000280318解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!