このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
成田市立図書館 (2310029)管理番号
(Control number)
DR20201000150
事例作成日
(Creation date)
2020/02/09登録日時
(Registration date)
2020年04月11日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年09月18日 00時30分
質問
(Question)
民事訴訟における反訴状の書式が載っている資料はあるか。
回答
(Answer)
『書式民事訴訟の実務』p.304-p.308に「反訴」の項目がある。「反訴とは、すでに訴訟が係属しているときに(その訴訟を、反訴に対して本訴と呼ぶ)、被告が当該訴訟手続を利用して原告に対して提起する訴えである。」と書かれている。p.307-p.308に反訴状の書式が1件掲載されている。『民事訴訟マニュアル,上』p.429-p.430および『民事訴訟マニュアル,下』p.142-p.143にも、それぞれ1件の反訴状の書式が掲載されている。『本人訴訟ハンドブック』p.85-p.88「Q15 反訴、和解とは、どういうことですか」の項目にも、反訴状の書式例が1件掲載されている。
回答プロセス
(Answering process)
民事訴訟の書式についての資料を調べた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
司法.訴訟手続法  (327 9版)
参考資料
(Reference materials)
『書式民事訴訟の実務』 大島明 民事法研究会 2017.6 327.2, ISBN 978-4-86556-170-8
『民事訴訟マニュアル,上』 岡口基一 ぎょうせい 2015.9 327.2, ISBN 978-4-324-10000-4
『民事訴訟マニュアル,下』 岡口基一 ぎょうせい 2015.9 327.2, ISBN 978-4-324-10001-1
『本人訴訟ハンドブック』 矢野輝雄 緑風出版 2018.7 327.2, ISBN 978-4-8461-1811-2
キーワード
(Keywords)
反訴状
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献調査
内容種別
(Type of subject)
一般
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000280522解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!