このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
牛久市立中央図書館 (2310059)管理番号
(Control number)
牛久-836
事例作成日
(Creation date)
2012年01月16日登録日時
(Registration date)
2012年01月14日 15時48分更新日時
(Last update)
2012年01月16日 09時26分
質問
(Question)
警備員の仕事のうち、交通誘導と要人警護(身辺警備)について記載のある資料はないか。
自分で「警備員教育教本 施設警備業務編」は確認したが、載っていなかったとのこと。
回答
(Answer)
〇自館所蔵資料では
・「SPのお仕事」(チームSP/産経新聞出版/2010)
 参考までに案内。
・「警備保障のすべて」(深沢賢治/東洋経済新報社/1986)
 p117~p121に交通誘導について、pp130~p132に身辺警備についての業務内容の記載あり。
・「夜路のガードマン」(青木卓/技術と人間/1995)
 体験談が中心ではあるが、実態がわかりそうなので案内。
・「六法全書 平成23年版1」(有斐閣/2011)
 p1871警備業法2条2項に交通誘導について、2条4項に身辺警護について記載あり。

〇自館に所蔵がない資料
・「交通誘導警備業務の手引」(全国警備業協会/2008)
・「身辺警備業務の手引」(全国警備業協会/2007)
・「警備業法の解説 11訂6版」(全国警備業協会/2011)
・「実践的交通誘導警備」(全国警備業協会/2003)
・「警備業法令集」(東京法令出版/2009)
・「警備員教育教本-交通誘導警備業務・雑踏警備業務編」(全国警備業協会/2005)
回答プロセス
(Answering process)
①自館OPACで「交通誘導」「身辺警備」「警備員」でそれぞれタイトル検索。
→ヒットなし。
②自館OPACで「要人警護」をタイトル検索。
→「SPのお仕事」がヒット。SPは警察が行う要人警護だが、参考までに案内。
③自館OPACで「警備」をタイトル検索。
→「警備保障のすべて」がヒット。業務内容についてそれぞれの記載があり、
 交通誘導はp117~121に、身辺警備はp130~132に記載があった。
④自館OPACで「ガードマン」をタイトル検索。
→「夜路のガードマン」がヒット。体験談が中心だが、実態がわかると思い案内。

①~④を質問者に提示中、TRCやNDLを検索。
・「交通誘導警備業務の手引」(全国警備業協会/2008)
・「身辺警備業務の手引」(全国警備業協会/2007)
・「警備業法の解説 11訂6版」(全国警備業協会/2011)
・「実践的交通誘導警備」(全国警備業協会/2003)
・「警備業法令集」(東京法令出版/2009)
・「警備員教育教本-交通誘導警備業務・雑踏警備業務編」(全国警備業協会/2005)

特に相互貸借の必要はないということで、レファレンス終了。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
行政  (317 8版)
商業経営.商店  (673 8版)
参考資料
(Reference materials)
「警備保障のすべて」(深沢賢治/東洋経済新報社/1986)
「六法全書 平成23年版1」(有斐閣/2011)
キーワード
(Keywords)
交通誘導
身辺警備
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
一般男性
登録番号
(Registration number)
1000099979解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!