このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-00529
事例作成日
(Creation date)
2013年3月22日登録日時
(Registration date)
2013年06月19日 15時14分更新日時
(Last update)
2013年08月19日 10時23分
質問
(Question)
ヘレン・ケラーが1948(昭和23)年10月頃、埼玉県羽生小学校(現在の羽生市立羽生北小学校)に来たことが書いてある資料を見たい。
(質問者によると、ヘレン・ケラー1948年10月29日に日本を離れる1週間くらい前に、埼玉大学附属小学校と羽生小学校に訪問したと聞いたとのこと。)
回答
(Answer)
1948年9月8日に大宮駅にヘレン・ケラーが3~5分停車して、セレモニーがあったという記事は見つかった。
1948年10月に埼玉大学附属小学校や羽生小学校を訪問したという記録は見つからず。
回答プロセス
(Answering process)

『朝日新聞人名総索引 第2巻 自昭和21年〜至昭和38年』 日本図書センター 2004
  p.192 ヘレン・ケラーあり。昭和23年9月6日、7日の新聞記事をみるが、埼玉の内容は載っていない。

『青い鳥のうた ヘレン・ケラーと日本』 岩橋 英行/著 日本放送出版協会 1981
  p.150にヘレン・ケラーの来訪スケジュールがあり。埼玉に関するスケジュールはない。

レファレンス協同データベースに「昭和23(1948)年にヘレン・ケラーが来日した際の新聞記事を探しています。」という事例あり(管理番号:I100716145826-1)。この事例をもとにヨミダス歴史館で確認したところ、8月31日に京浜地区を訪れたり、9月4日に盲学校を訪れたりしているが、埼玉についての記事は無かった。

以上より、念のため8月下旬から9月中旬までの新聞をマイクロフィルムで確認したところ、9月9日の読売新聞(埼玉版)、毎日新聞(埼玉版)、埼玉新聞に、ヘレン・ケラーが大宮駅に5分間だけ停まることがあり、そのために大セレモニーを行ったという内容の記事が見つかった。

ここで、埼玉県立浦和図書館に調査協力依頼をしたところ、埼玉大学附属小学校や羽生小学校を訪れたという記録は見つからなかったが、次のような調査結果を得た。
『埼玉大学教育学部附属小学校開校百年記念誌』 埼玉大学教育学部附属小学校開校百年記念誌編集委員会 1975
『埼玉大学教育学部附属小学校開校百年教育小史』埼玉大学教育学部附属小学校開校百年教育小史 1975
 いずれもヘレン・ケラー訪問の記述なし。

羽生小学校、羽生市立羽生北小学校発行の資料は所蔵なし。

埼玉新聞、記事見出し検索、聞蔵Ⅱビジュアル検索、および『毎日新聞埼玉版』、『読売新聞埼玉版』、『埼玉新聞』を確認したが、質問の訪問に関する記事は無し。

『埼玉要覧 昭和24年』埼玉新聞社 1949
  p.18に「9月8日 大宮驛にヘレン・ケラー女史を歓迎」とは書かれているが、埼玉大学附属小学校と羽生小学校を訪問したという記録は無し。
『埼玉県教育史 第6巻』埼玉県教育委員会 1976
  p.578の盲・ろう教育のところでは、2校を訪問したという記述は無し。
『新編埼玉県史 別編4 年表・系図』埼玉県1991
  昭和23年の年表に、2校を訪問したという記述は無し。
『奇跡の人・塙保己一 ヘレン・ケラーが心の支えとした日本人』堺正一/著 埼玉新聞社 2001
  昭和12年、昭和23年、昭和30年に来日したとあるが、2校を訪問したという記述は無し。

事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
関東地方  (213 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
ヘレン・ケラー
羽生小学校
埼玉県羽生市
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
埼玉県立浦和図書館
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000132623解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!