このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
横浜市中央図書館 (2210008)管理番号
(Control number)
横浜市中央2578
事例作成日
(Creation date)
2018年08月28日登録日時
(Registration date)
2020年03月11日 17時03分更新日時
(Last update)
2020年03月11日 17時41分
質問
(Question)
 幕末明治初期の歌人「弁玉」の歌碑について、
碑文の内容と、建立の経緯を知りたい。
回答
(Answer)
1 お調べした内容

 (1)歌碑の場所について

   現在歌碑があるのは、明治期に高島嘉右衛門の邸宅があった
  大綱山に作られた高島山公園(横浜市神奈川区高島台5-2)です。
   嘉永3(1850)年に三宝寺(横浜市神奈川区台町7-1)の住職
  となった弁玉(1818-1880)の歌碑がここに建てられた時期や経緯
  などについて、記載のある資料をお調べしました。

   なお、建碑のいきさつについて記述のある資料を要約すると、
  歌碑はおおむね以下のような変遷をたどって現在地に建てられた
  ようです。

  明治16(1883)年:望欣台(高島家別邸 
           現在の神奈川区高島台)に建碑
  大正5(1916)年:千歳園(弁玉の弟子岡野良哉の別邸 
           現在の西区岡野町)に移設
  昭和初期 :常盤園(岡野良哉の子欣之助が作った
           岡野家庭園現在の保土ケ谷区常盤台)に移設
  昭和26(1951)年:常盤園が老人施設恵風寮に転用
  昭和41(1966)年:高島山公園(神奈川区高島台)に移設

 (2)歌碑に刻まれていること 

   歌碑には両面に文字が刻されています。片面は「弁玉師倭歌碑」
  の題字と弁玉の略歴や人柄を記した「弁玉師墓碣誌幷銘」が
  漢文で刻まれ、この歌碑が明治16(1883)年3月に建碑で、
  枕山大沼厚という人物が撰文書写したことが明記されています。

   もう一方の面には弁玉の歌集『由良牟呂集』に所収の長歌
 「世人醸禍者恒聞争言為端因作歌」が、自筆の変体がなを写して
  刻まれています。
 
   両面の碑文の読み方、意味について記載のある資料を
  お調べしました。

2 歌碑の所在、碑文の読みについて記述のあった資料

 (1)『碑はつぶやく 横浜の文学碑』 
    石井光太郎/編 横浜市教育委員会文化財課 1990.3
    p.33~35「大熊弁玉歌碑」
     横浜市域にある文学碑について、所在地・写真・釈文・
    解説・参考文献をまとめた資料です。「大熊弁玉歌碑」の
    項目には、歌は翻刻のみですが墓誌銘は書き下し文が
    掲載されています。

 (2)『神奈川区誌 区制五十周年記念』 
    神奈川区誌編さん刊行実行委員会/編集 
    神奈川区誌編さん刊行実行委員会 1977.10
    p.562~567「歌僧弁玉」
     歌碑の両面の拓本写真が掲載されており、歌は翻刻
    されています。墓誌銘をもとにした弁玉の略歴のほか、
    歌碑の移転について詳しい記述があります。

 (3)「文明開化を生きた歌人・大熊弁玉…
   神奈川に弁玉といはれし僧ありて」 増田恒男/著
    『大倉山論集 第61輯』 大倉精神文化研究所 2015.3
    p.93~178  
     墓誌銘の書き下し、歌の翻刻と大意が掲載されています。
    また、歌碑の変遷について詳しく記述されていて、
    常盤園にあった歌碑の写真なども載っています。

 (4)『大熊弁玉 横浜の文化 №11』
    「大熊弁玉」編集委員会/編 横浜市教育委員会 
    1983.10

    p.77~80「大熊弁玉と私」 近藤東/著
     昭和39(1964)年に老人施設・恵風園の裏庭で歌碑を
    発見した著者が、当時の飛鳥田一雄横浜市長に送った
    歌碑移設の陳情の公開状が全文掲載されています。

    p.97~100「弁玉歌碑移転のことなど」 野村良政/著
     歌人でもあり当時横浜市計画局計画部長でもあった著者が、
    飛鳥田市長からの直接の依頼により歌碑移設に携わった
    経緯が記されています。

    p.123~153「歌僧弁玉とその周辺」石井光太郎/著
     墓誌銘の書き下しと歌の翻刻のほか、弁玉の略年譜と
    著作目録、参考文献が掲載されています。また、『横浜市史稿』
    や各種の人名辞典にある弁玉の略歴がこの墓誌銘を引用している
    こと、実際の略歴とは食い違いがあることが指摘されています。

 (5)『横浜の文化財 第3集 横浜市指定・登録文化財編』
    横浜市教育委員会社会教育部文化財課 [1993]
    p.44~46「地域史跡 弁玉歌碑」
     墓誌銘と歌の翻刻が掲載されています。

 (6)『横浜の教育と文化 1』 大倉精神文化研究所/編
    大倉精神文化研究所 2003.3
    p.119~146「歌僧弁玉と開港地横浜の歌」塩野崎宏/著
     歌碑の移転についての記述があります。

 (7)『蟹が行くヨコハマ 文明開化の歌人和尚・大熊弁玉』
    横浜文芸懇話会 2005.4
    p.102~103「由良牟呂集と弁玉歌碑」 
     歌碑に関する記述の中に、碑題「弁玉師倭歌碑」の文字を
    刻した「水石居士」に関する情報があります。
     なお、この本は弁玉の歌を現代語で意訳したもので、
    「世人醸禍者恒聞争言為端因作歌」p.33に意訳、p.80に翻刻が
    掲載されています。

 (8)『窪田空穂全集 第10巻 古典文学論』 窪田空穂/著 角川書店
    1966
    p.442~455「弁玉の長歌集を読みて」
     弁玉の長歌を読み解く評論ですが、冒頭に墓誌銘の内容を
    枕山と弁玉の関係としてとらえた解釈があります。

 (9)新聞記事(神奈川新聞)

  ア 昭和41(1966)年2月21日 p.8 「弁玉の歌碑 ゆかりの高島山公園に」
     歌碑が2月19日の夜に横浜市によって移設されたこと、詩人の
    近藤東氏が昭和39(1964)年の横浜市民文学散歩の際に偶然恵風寮で
    歌碑を発見したこと、市長に直接陳情したこと、など移転の経緯が
    簡潔にまとまっています。
  イ 平成9(1997)年5月31日 p.10 「弁玉の歌碑の長歌」
     歌人の熊沢正一氏による歌の解説が記事になっています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 8版)
関東地方  (213 8版)
日本  (291 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000275793解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!