このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
さいたま-大-20100002
事例作成日
(Creation date)
2009年12月31日登録日時
(Registration date)
2010年01月28日 16時24分更新日時
(Last update)
2010年12月24日 12時54分
質問
(Question)
岩槻城の支城として築城された寿能城(じゅのうじょう)の敷地の範囲を知りたい。
回答
(Answer)
『大宮市史』によれば、現在の寿能町一丁目から二丁目にかけての台地上に築かれた平城とあります。
現在は、産業道路に面した寿能交番前に石標、寿能公園の一画に城主潮田資忠(うしおだすけただ)の墓碑があります。
『新編武蔵風土記稿』に東西約870メートル、南北約440メートルとあります。
『続埼玉の城址30選』(p88)では、寿能城の出丸所在地は2説あると紹介されています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 9版)
日本  (291 9版)
日本の建築  (521 9版)
参考資料
(Reference materials)
『寿能の歴史』  「寿能の歴史」編集委員会編集 大宮市 1973 (p8,p29ほかに記述あり)
『大宮市史 第2巻 古代・中世編』 大宮市役所 1971 (寿能城跡の記述あり p382)
『寿能城と戦国時代の大宮 第13回特別展示図録』 大宮市立博物館編集 大宮市 1990 (昭和22年の周辺写真 p18)
『埼玉の城址30選 続 歴史ロマン』 西野博道編著 埼玉新聞社 2008.2 (p86から記述)
『埼玉大百科事典 第3巻』 埼玉新聞社 1981 (p44)
キーワード
(Keywords)
さいたま市大宮区
寿能城
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000062615解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!