このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
横浜市中央図書館 (2210008)管理番号
(Control number)
横浜市中央2425
事例作成日
(Creation date)
2014年01月24日登録日時
(Registration date)
2014年12月27日 19時54分更新日時
(Last update)
2014年12月27日 19時54分
質問
(Question)
地方自治における「補完性の原理について」解説している図書、雑誌、新聞記事が読みたい。
回答
(Answer)
関係資料をご紹介します。
雑誌、新聞記事は、最近の動向や関係事項についての論考をそれぞれ関係している
事項について御紹介しております。
特に雑誌記事の中に、各用語の基本的な事項について説明している箇所もありますので、
そちらもご参考にしてください。

1 図書
 (1) 『逐条 地方自治法』松本英昭/著 学陽書房 2007年
   p.15~「補完性の原理(原則)」についての説明が掲載されています。
 (2) 『高度成長期「都市政策」の政治過程』土山希美枝/著 日本評論社 2007年
   p.216「補完性の原理」の解説
   『市民自治の憲法理論』(松下圭一 岩波書店 1975)から引用されています。
 (3) 『ディスカッション・三重の改革 地方自治ジャーナルブックレット』
   中村征之/編著 公人の友社 2005年
   追録「地方分権を巡る世界の動き―補完性の原理を中心に」
 (4) 『分権型社会を創る 6』ぎょうせい 2000年
   p.225~「完全2層制の地方組織と補完性の原理」

2 雑誌
 (1) 「論評 補完性の原理」尾崎 護
   (『地方税』54(6) (通号 617) 2003年6月 p.2~7)
 (2) 「補完性の原理」から「逆補完性の原理」へ (特集 揺れる3層制 : 国と地方は
   真に対等か)」金井 利之(『ガバナンス』 (136) 2012年8月 p.24-26)
 (3) 「補完性の原理について (シンポジウム 市町村合併と地方制度再編)」中村 征之
   (『住民と自治』 (通号 477) 2003年1月 p.22~24)
 (4) 「地方分権の指導理念としての「補完性の原理」」矢部 明宏
   (『レファレンス』 62(9) (通号 740) 2012年9月 p.5-24)
 (5) 「「補完性の原理」と地方自治制度 (特集 地方分権の進展と地方自治制度--
    都道府県・市町村の役割を中心として)」昇 秀樹
   (『都市問題研究』 55(7) (通号 631) 2003年7月 p.30~49)

3 新聞
 (1) 朝日新聞
   ア 「(社説)希望社会への提言:2 地域連合国家・ニッポンへ」
     (2007年11月06日 朝刊 3総合 p.3)
   イ 「地方制度調査会・中間報告<要旨>」
     (2003年05月01日 朝刊 特設A p.5)
   ウ 「地方分権改革推進会議の最終報告<要旨>」
     (2002年10月30日 夕刊 特設A p.4)
 (2) 読売新聞
   ア 「読売国際会議フォーラム 新生日本の設計 「小さな政府」を考える=見開き特集 」
     (2006年7月19日 東京朝刊 朝特B p.14)
   イ 「[論点・憲法]どうする? 国と地方の役割分担 自公民「自治の姿」模索 」
     (2005年4月24日 東京朝刊 政治 p.4)
 (3) 日本経済新聞
   ア 「改革途上の地方分権(1)出先機関改革―原則廃止から後退(時事解析)」
    (2012年1月30日 朝刊 p.21)
   イ 「首長が拓く(4)岐阜県、連携の要――自慢の政策、サイトで競う
    (ドキュメント挑戦)」
    (2003年6月5日 夕刊 p.5)
   ウ 「見えてきた分権の道筋――「一国多制度」も視野に(ニュース複眼)」
    (2001年6月20日 夕刊 p.3)
   エ 「関経連行政制度委員長井上義国氏――地方分権は「補完性原理」で、国は
     補佐役(時論)」
     (1998年5月25日 朝刊 p.7)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地方自治.地方行政  (318 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000165536解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!