このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
京都市図書館 (2210023)管理番号
(Control number)
京都市中央2013-044
事例作成日
(Creation date)
2014年01月10日登録日時
(Registration date)
2014年04月29日 14時56分更新日時
(Last update)
2015年03月27日 15時36分
質問
(Question)
【公同組合】について,京都市における歴史や活動がわかる資料を探している。
回答
(Answer)
1『京都大事典』(佐和 隆研/[ほか]編集 淡交社 1984)
 p373【公同組合】項あり。「町単位に設置された京都独自の住民自治行政組織。明治30年末から31年にかけて全市的に誕生。昭和15年11月,町内会誕生によって解消するまで40数年間存在。…公同組合の数(解消直前)は3631組合,112学区連合公同組合にのぼる。」

2『京都市政史 第1巻 市政の形成』(京都市市政史編さん委員会/編集 京都市 2009)
 p152~153【公同組合の設立】,p244~245【公同組合の実態】,p396~397【公同組合と昭和大礼】,p553~554【公同組合と学区が廃止される】,p565~566【公同組合の解散と町内会】

3『町内会の研究(増補版)』(岩崎 信彦/[ほか]編 御茶の水書房 2013)
 p87~94【第2章第2節 公同組合の成立とその展開】,p95~103【第2章第3節 一五年戦争と公同組合・町内会】

4『京都府百年の年表 1 政治・行政編』(京都府立総合資料館/編集 京都府 1971)
 ――『京都府百年の年表 10 総索引』より【公同組合】と引くと,以下の日付を確認することができる。
 【明30(1897)年】10・11「京都市参事会公同組合設置に関し論達を公布。」,10・29
 【明35(1902)年】12・26
 【昭5(1930)年】10・1
 【昭15(1940)年】10・24
 【昭和16(1941)年】1・15「京都市全町内会結成式(公同組合解消)。」

5『京都の歴史 8 古都の近代』京都市/編 京都市史編さん所 1980)
 【自治組織の変遷】文中p30に,公同組合設置に関する文章あり。

6『史料京都の歴史 3 政治・行政』(京都市/編 平凡社 1979)
 p645~646【市内各学区に公同組合を設置する。8〔京都市達第45号〕明治30年10月11日】史料あり。

7『史料京都の歴史 4 市街・生業』(京都市/編 平凡社 1981)
 p622~627【公同組合時代の町の動き】章に,【下京区長によって公同組合設置規約が示される。17〔公同沿革史(下巻)所収史料〕明治30年】など史料数点あり。

8『京の学校・歴史探訪(再版)』(京都市学校歴史博物館/編集 京都市生涯学習振興財団 2006)
 p40【学区事務室】項に,公同組合の学校における役割など解説あり。

9『近世京都町組発達史 新版・公同沿革史』(秋山 国三/著 法政大学出版局 1980)
 『公同沿革史 上巻』(秋山 国三/編輯 元京都市公同組合聯合会事務所 1944)の新版。公同組合が設置される以前の町組に詳しい。公同組合そのものに関して詳しいのは下巻。
 『公同沿革史 上・下巻』は,ウェブサイト[国立国会図書館デジタルコレクション]で閲覧できる。(2014年1月10日確認)
 「上巻」 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1439010 ,「下巻」 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1439018
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地方自治.地方行政  (318 9版)
近畿地方  (216 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
行政
町内会
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000152784解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!