このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000149899
提供館
(Library)
横浜市中央図書館 (2210008)管理番号
(Control number)
横浜市中央2362
事例作成日
(Creation date)
2013/08/14登録日時
(Registration date)
2014年02月27日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年03月29日 11時36分
質問
(Question)
鳥類学者「トーマス・ブラキストン」の友人で、調査を一緒に行っていた
「プライヤー」という人物が明治期の横浜にいたらしいが、どういう人物か知りたい。
回答
(Answer)
「プライヤー」という人物が横浜にいたことを示す資料を紹介します。
*文中では、基本的に「プライヤー」という名前を使用しますが、
 資料に「プライア―」と記載されている場合には、「プライア―」を使用します。

1 「トーマス・ブラキストン」と「プレイヤー」について
 (1)「北大植物園所蔵ブラキストン標本の受入過程とその現状」 加藤 克 市川 秀雄
   (「北大植物園研究紀要 2」 北海道大学 2002-03-29 p1-24)
http://ci.nii.ac.jp/els/110004688043.pdf?id=ART0007423432&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1376119542&cp=
   *この論文が掲載されている雑誌は、横浜市立図書館では所蔵していませんが、
    インターネット上で閲覧することができます。
   この論文に「(中略)プライヤー(H.Pryer)、スノー(H.J.Snow)らと協力して
   日本産鳥類を採集し、それにまつわる目録や論文を発表し(中略)」とあるので、
   この「プライヤー(H.Pryer)」という人物がお探しの人物と思われます。
   「Catalogue of the birds of Japan(by T. Blakiston and H. Pryer )」を
   「トーマス・ブラキストン」と「プレイヤー」の共著で出版しています。
   この本は、国立国会図書館で所蔵しています。
(2)「お雇い外国人 3」 鹿島研究所出版会 1968
   「友人プライヤー」として、少し記述があります。
  p75に、フルネーム(Henry James Stovin Pryer)、生没年(1850年~1888年)、
略歴が書いてあります。
  ロンドン生まれで、1871年来日。16年間横浜のアダムソン・ベル・海上保険会社
  社員として勤め、1888年2月17日に横浜で病死。

(3)「あるドイツ人博物学者が見た1882年の「博物館」
ー新発見のクバリ―氏意見書からー」
    (名古屋大学博物館報告 no.20 1-13 名古屋大学博物館 2004)
   http://www.num.nagoya-u.ac.jp/outline/document/No20.pdf
   *この論文が掲載されている雑誌は、横浜市立図書館では所蔵していませんが、
   インターネット上で読むことができます。
   p7に、プライアーについての記載があります。

  ア 「『太政大臣に届けて正式に雇用された例』としてイギリス人プライア―と
    アメリカ人モースがよく知られている」
   この部分の参考図書として挙げられているのが、「明治博物館事始め
   (椎名仙卓/著 思文閣出版 1989)」で、p161~164に記述があります。
  イ 「もっとも、彼らを雇用したのは、内務省系ではなく、文科省系の
    『東京博物館』とその後継の『教育博物館』であるが、蝶類の専門家である
     プライア―は1876年から翌年にかけて標本採集を目的として雇用され、
     国内最終旅行を行っている。
     ユネスコ東アジア文化センター(1975)によれば彼は、1876年7月から3ヶ月
     (月給75円)、そして翌1877年当初から1年間
     (月給60円、ただし5月で依願解約)の契約を結んでいる。」
    この部分の参考図書として挙げられているのが、「資料御雇外国人
    (ユネスコ東アジア文化研究センター/編 小学館 1975)」で、
    p379にプライヤーの雇用期間や給料が掲載されています。
    原典にあたる場合は、p203出典資料名が記載されているので参照ください。
2 プライヤー(H.Pryer)について

(1)「自然科学のとびら」Vol.1, No.2  
  神奈川県立生命の星・地球博物館 1995年9月
    http://nh.kanagawa-museum.jp/research/tobira/archives/1-2/1-2.html#BM2
  
  「神奈川県にゆかりの深いチョウ類とその関連資料
(猪又敏男(日本鱗翅学会理事))」の記事に、プライヤーについての記述があります。

 「イギリス人のプライヤー(H. Pryer)は1871年(明治4年)またはその翌年に
   来日し、横浜に落ち着きました。幼少の頃より博物学に興味をもっていた彼は、
   昆虫類を中心に各地の資料を集め、特に日本のチョウ類のすぐれたコレクションを
   作りました。彼はよほど日本が気に入ったのか、何と16年間も横浜に居住し、
  39才の若さで死去するまで日本各地を精力的に調査したのです。
  このようにして集めた資料を基に、日本では例を見ない学術的な図説の刊行が
   企画されました。おそらくはプライヤーの日本生活が落ち着いた1875年以降のこと
   だったと思われます。当時の諸外国で出版されたいくつかの図鑑に匹敵するものを
   日本で作るには、多くの障害がありました。画家の発掘、印刷所や用紙の選定そして
   費用の調達などです。しかし、プライヤーの熱意はこれらの難題を乗り越えて、
   1887年に第一分冊の発行にこぎつけました。そして、1888年には第二分冊、
   1889年には第三分冊が相次いで発行され、ついに大作が完了しました。
   タイトル名は Rhopalocera Nihonica といいます。」
  
(2)「市民グラフヨコハマ No.33」 横浜市市民局市民活動部広報課広報センター/編
   横浜市市民局市民活動部広報課広報センター 1979

  この号には、外国人墓地の埋葬者リストが掲載されており、
  p27に名前の記載があり、8区に埋葬されていることがわかります。

  「横濱外国人墓地( http://www.yfgc-japan.com/index.html )」の
   Webサイトにも、外国人墓地の地図が掲載されています。
   一般公開はしておらず、「外国人墓地募金公開」を行っているようです。
(3)「横浜外国人墓地に眠る人々 開港から関東大震災まで」
   斎藤多喜夫/著 有隣堂 2012」

   p246~248に、プライヤ―に関する記述があります。
   墓碑の写真もあります。他の本よりも詳細な記述と、参考文献があります。

 (4)「日本古書通信 51巻1号~12号」 日本古書通信社 1986

  「日本古書通信 第51巻 第9号 通巻686号(日本古書通信社
昭和61年9月15日発行)」に、
「横浜山手に眠る紅毛愛蝶家たち ヘンリー・プライア―をめぐって(竹内博)」
  という記事があります。

  この記事を書いた著者の本「横浜外人墓地 山手の丘に眠る人々 ガイドブック
  (武内博/著 山桃舎 1985)」の p93にも記述があります。

 (5)「江崎悌三著作集 第1巻~第3巻 思索社 1984」
  
   第1巻のp251~262まで、プライヤーについての記述があります。
   「また彼には日本人の内妻があったが、子供はなかった。」など、
   他の資料には無い記述があります。

   第2巻のp103~、「虫愛ずる異人さん」という記事で、
   プライヤーについて書かれています。

  第3巻の巻末の人名索引(19)にプライヤーの項があります。
   プライヤーが出てくるページが書いてありますので、ご覧ください。

(6)「日本博物学史」 上野益三/著 平凡社 1973

  巻末の索引p24に、プライア―についての項があります。
  プライヤーが出てくるページが書いてありますので、ご覧ください。
   この本では、日本の博物誌学におけるプライア―の足跡がわかります。

(7)「明治初期の在留外人人名録 Japan Directory of the
   明治初期歴史文献資料集」 寺岡寿一/編 寺岡書洞 1978

  p84の「72」の所に「ADAMSON, BELL & Co.」
  (Agents for Globe marine Insuarance Company, (Limited))
  という会社名とともに、プライヤ―の名前が記載されています。

  p175の右側、下から12番目にプライヤーの名前があり「223A」
   の記述があります。

  これは、それぞれ居留地の「72」番に会社があり、
   「223」に住んでいたことを示しています。

  それぞれの地番がどこかを確認するには、次の資料をご確認ください。 

ア 「市民グラフヨコハマ No.27」 横浜市市民局市民活動部広報課広報センター/編
   横浜市市民局市民活動部広報課広報センター 1979

   p10に、地番入の地図が掲載されています。   

 イ 「改正横浜分見地図 全」(古地図資料出版)
   明治10年に作成された地番入の地図です。  

  山手町の地番は、昔も今も同じです。
   そのため、「ブルーマップ 横浜市中区 201212
   住居表示地番対照住宅地図(ゼンリン 2012)」で、
   該当地域の地番を探すと、現在の地図上での位置がわかります。
(8)「来日西洋人名事典 武内博/編著 日外アソシエーツ 1995」
  
   p368~369に、プライアーに関する記述と、参考文献が掲載されています。
   調査のための本なので、記述は詳しくありません。

3 参考資料
   横浜市立図書館では所蔵がありませんが、参考として資料を紹介します。

(1)「日本蝶類図譜(ヘンリ-・ジェ-ムズ・ストヴィン・プライヤ-著
    科学書院 1982)」
    プライヤーの著作「Rhopalocera Nihonica」の日本語版です。

(2)「Henry Pryer の足跡とその功績 : 来日した欧米民間人による日本博物学への貢献」
   梁井 貴史 「千葉短大紀要 (24)」 千葉商科大学 1997-12-20 P29-45
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
伝記  (280 8版)
論文集.評論集.講演集  (404 8版)
生物科学.一般生物学  (460 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000149899解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!