このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
新潟県立図書館 (2110024)管理番号
(Control number)
新県図-01441
事例作成日
(Creation date)
2018年01月31日登録日時
(Registration date)
2020年12月16日 17時21分更新日時
(Last update)
2021年03月11日 16時52分
質問
(Question)
新潟県の牛車台数が急増した事実とその原因について
回答
(Answer)
 当館所蔵資料を調査したところ、下記(1)(2)の資料に牛車の台数について記述がありました。
 また、下記(3)~(7)の資料に牛車の増加に関連する記述が見つかりました。ただし、いずれも簡易な記述です。
 そのほか、下記(8)~(13)の資料なども調査しましたが、牛車の増加に関連する記述は見つかりませんでした。参考までに申し添えます。

(1)『新潟県史』資料編第17 近代第5 産業経済編第1(新潟県/編 新潟県 1982)
 p543「3 諸車」の表に、明治16年~昭和12年までの新潟県内の牛車台数の変遷が示されています。そのうち大正14年、昭和1~3年の数値は依頼文と同じ値です。

(2)『新潟県統計書』昭和4年(新潟県総務部統計課/編 新潟県総務部統計課 〔出版年不明〕)
 p145「60 諸車」(三月三十一日現在)の表に、大正15年~昭和5年までの新潟県内の牛車台数の変遷が示されています。数値については大正15年が849、昭和2年が2,349と依頼文と1年ずつずれています。なお、表の下に「本表ハ有税車ノミヲ掲ク」と記述があります。
 なお、同資料は国立国会図書館デジタルコレクション[ http://dl.ndl.go.jp/ ]からデジタル画像で閲覧することができます。

(3)『新潟の米百年史』(新潟県農林部/編 新潟県農林部 1974)
 p95~97「中正13昭~昭和3年」(「大正13年~昭和3年」の誤字と推測されます)の項に、「(前略)この期になると一般農家の荷車の導入は普遍化し、加えて大正中期乾田団地造成指導、牛馬耕による深耕効果指導の普及もあり、牛馬車を圃場に引き入れる農家も多くなり、」と記述があります。

(4)『50年のあゆみ』(新潟県交通安全協会/[編] 新潟県交通安全協会 1998)
 p24~28「2 昭和前期の交通機関」内p27で昭和元年から12年までの牛車の増加について「道路が悪いので速度の遅い牛車がちょうどよかったのであろうか。」と記述があります。なお、台数の統計値は下記(2)の資料を参考にしています。

(5)『背負う・担ぐ・かべる』(木下忠/編 岩崎美術社 1989)
 p166~191「新潟県蒲原地方のイネの収穫作業における運搬の慣行等について」内p181~182で新潟市河渡の事例として「農家で馬飼わぬ家はなかった位だが、車を使うようになって、みな牛になった。」と、またp182で中蒲原郡横越村藤山の事例として「もとは馬で運んだ。(中略)昭和初に牛になり、牛に車をひかせた。」と記述があります。

(6)『新潟県の運搬具』(山口賢俊/著,新潟県民俗学会/編集 野島出版 1997)
 p240~242「牛馬または牛馬車による運搬、その量など」の項に、上記(5)の資料とほぼ同じ記述があります。

(7)「荷車の製造」(佐藤シヅ/著 『高志路』290号 新潟県民俗学会 1988 p26~29)
 p26「1.荷車の種類」の項に(牛車について)「初めは馬だけが引いていたものだが、戦争で馬が徴用にとられ、いなくなったので、代わって牛が引くようになった。」と記述があります。ただし、いつ頃のことかについての記述はありません。

(8)『新潟県史』別編1 年表・索引(新潟県/編 新潟県 1989)
(9)『新潟県史』資料編第22、23 民俗・文化財第1、2 民俗編(新潟県/編 新潟県 1984)
(10)『新潟県大百科事典』上・下・別巻(新潟日報事業社/編 新潟日報事業社 1977)
(11)『越のみち』(安島武俊/執筆 新潟日報社 1989)
(12)『近代の交通史』(新潟県社会科教育研究会/編 新潟県社会科教育研究会 1984)
(13)『新潟県畜産誌』(釼持計夫/著 釼持計夫 1985)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
交通史.事情  (682 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000290808解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!