このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
栃木県立図書館 (2110002)管理番号
(Control number)
tr370
事例作成日
(Creation date)
2014年04月19日登録日時
(Registration date)
2015年03月30日 16時31分更新日時
(Last update)
2015年03月30日 16時31分
質問
(Question)
黒羽藩の11代藩主である大関増業(おおぜきますなり)に関する資料が知りたい。
回答
(Answer)
 大関増業に関する記述を確認した資料をご紹介します。

・『栃木県歴史人物事典』(栃木県歴史人物事典編纂委員会/編 下野新聞社 1995)
 p.126-127に「大関増業」の項があり、参考文献を3点挙げています。

・『栃木県史 通史編 近世2』(栃木県史編さん委員会/編・発行 1984)
 p.645-649に「大関増業による藩政の刷新」があります。

・『黒羽藩政史料 創垂可継』(黒羽町教育委員会/著 柏書房 1968)
 増業が編纂した叢書の一部を書き下しにして発行した資料です。

・『日本農書全集 第22巻』(山田龍雄/[ほか]編 農山漁村文化協会 1980)
 p.95-132に増業の著作『稼穡考』が収録されています。またp.133-152に稲葉光國による解題があります。

・『改革と学問に生きた殿様―黒羽藩主大関増業―』(栃木県立博物館/編、発行 2010)
 栃木県立博物館企画展の図録です。
 「ごあいさつ」(p.3)に「今回の展示では、黒羽藩家老をつとめた瀧田家に残された数多くの日記により、増業を取り巻く人的交流や改革をめぐる家臣たちとのやり取りなどを追うことにつとめました」とあります。

・『近世黒羽藩主大関氏による史料保存 文化財保護に光をあてた大名たち』(黒羽町芭蕉の館第14回特別企画展運営委員会/編 黒羽町教育委員会 2004)
 黒羽町芭蕉の館企画展の図録で、増業による史料保存の業績、編著書の一部を紹介しています。

・『全国の伝承江戸時代人づくり風土記 聞き書きによる知恵シリーズ9』(加藤秀俊/〔他〕編纂 農山漁村文化協会 1989)
 p.313-320に「大関増業―殖産興業と学芸に力を入れた黒羽藩主(那須)」という項目があります。

・『新黒羽町史 文(松尾芭蕉)武(那須余一)両道にかがやく』(平野直義/編、発行 1975)
 「黒羽城主大関氏の家系図表について」(p.38-41)のp.40および「黒羽町の開拓発展に貢献した人々について」(p.78-85)のp.80で増業をとりあげています。

・『黒羽藩主大關氏と大雄寺』(大宮司克夫/著 黒羽山大雄寺 1995)
 p.154-165の「大関家代々墓地略図」に、増業の墓所の位置が載っています。

・『小泉斐と高田敬輔 江戸絵画にみる画人たちのネットワーク』(栃木県立美術館/編,橋本慎司/編 栃木県立美術館 2005)
 p.188-190に「黒羽藩主大関増業・増儀の書状に見える小泉斐との交流」という項目があります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
 『黒羽町誌』(黒羽町誌編さん委員会/編 黒羽町 1982)は確認済み。
NDC
関東地方  (213)
日本  (281)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
黒羽藩
栃木県
大関増業
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000170147解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!