このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
栃木県立図書館 (2110002)管理番号
(Control number)
tr358
事例作成日
(Creation date)
2013年10月08日登録日時
(Registration date)
2015年03月24日 19時59分更新日時
(Last update)
2015年03月24日 19時59分
質問
(Question)
天正18年(西暦1590年)7月26日、宇都宮仕置で宇都宮に行った豊臣秀吉、徳川家康等の行動に関する資料が知りたい。
回答
(Answer)
 当館では、以下の資料を所蔵しています。

・小林清治/著「秀吉の宇都宮仕置-関東仕置と奥州仕置-」(『栃木県立文書館研究紀要 第6号』(栃木県立文書館/編、発行 2002)p.1-21所収)
 記述は秀吉の動向が中心ですが、「3-(1)家康の宇都宮参候とその意義」(p.10-11)に、家康への言及もあります。
 また、参考文献が豊富に記載されていますので、この中の資料に関連する記述がある可能性があります。

・『知られざる下野の中世』(橋本澄朗/編 千田孝明/編 随想舎 2005)
 江田郁夫「豊臣秀吉が宇都宮で過ごした十一日間」(p.187-206)が、秀吉の宇都宮仕置についての記述です。

 なお、『知られざる下野の中世』の記述は「今宮祭祀録」という史料に基づく考察です。
「今宮祭祀録」は、以下の資料に収録されています。なお、どちらも同じ底本です。

・『高根沢町史 史料編1』(高根沢町史編さん委員会/編 高根沢町 1995)「今宮祭祀録」p.600-637
 天正18年については、p.632-633に「天下様、七月廿六日ニ・・・」とあります。

・『氏家町史 史料編 古代・中世』(氏家町史作成委員会/編 さくら市 2009)「今宮祭祀録」p.321-357
 天承18年の記述は、p.353-354にあります。

・『戦国大名論集 東北大名の研究 2』(小林清治/編 吉川弘文館 1984)
 渡辺信夫/著「Ⅴ-二 天正十八年の奥州仕置令について」(p.412-437)の「(一)宇都宮における奥州仕置令」に、秀吉の動向についての記述があります。

・『敗者の日本史 10』(関幸彦/企画編集 山本博文/企画編集 吉川弘文館 2013)
 「北条氏の滅亡と宇都宮仕置 エピローグ」(p.217-232)に、関連する記述があります。

・『北関東の戦国時代』(江田郁夫/編 簗瀬大輔/編 高志書院 2013)
 市村富男/著「「惣無事」と豊臣秀吉の宇都宮仕置」(p.167-204)に、関連する記述があります。

・『宇都宮市史 第3巻 中世通史編』(宇都宮市史編さん委員会/編 宇都宮市 1981)
 p.502-503に、「秀吉は、(略)伊達氏を服属させるため、宇都宮に出向いた」とのみ記載があります。
 なお、出典は「士林文書」「鹿島神宮文書」とあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
宇都宮仕置
豊臣秀吉
徳川家康
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000169769解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!