このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
茨城県立図書館 (2110017)管理番号
(Control number)
茨201331
事例作成日
(Creation date)
2013/03/26登録日時
(Registration date)
2013年04月30日 13時55分更新日時
(Last update)
2014年03月28日 18時11分
質問
(Question)
倉敷市立玉島図書館蔵『川田甕江の文久3年の日記』の12月14日に「訪遠山十兵衛」と書かれていた。
この遠山十兵衛という人物がどういう人物であるかを知りたい。
回答
(Answer)
『古河市史 資料 近世編-〔1〕』(古河市史編さん委員会編,古河市,1979年)を調査すると,収録されている「古河分限帳(文久頃)」に「遠山十兵衛」の名前が確認出来た。

「古河分限帳 中」に収録されており「江戸分限帳」とあるので,江戸詰めの家臣にあたる。
P212に記載されており,「御用人-高弐百五捨石 遠山十兵衛」 「御留守居-遠山十兵衛」の2箇所が確認出来た。
回答プロセス
(Answering process)
1.『藩史大事典 第2巻』(木村礎ほか編、雄山閣出版、1989)で文久3年の古河藩の藩主の受領名を確認する。
  文久3年は,藩主は土井戸利則で受領名は「大炊頭」であることを確認。

2.古河藩の家臣録,分限帳の所蔵を確認。自館OPACで「古河 分限帳」「古河 家臣録」で検索。

3.『古河市史 資料 近世編-〔1〕』(古河市史編さん委員会,古河市,1979)に「古河分限帳(文久頃)」が収録されているので,「遠山十兵衛」の記載がないかを確認した。
事前調査事項
(Preliminary research)
質問者がインターネットで調べたところ、出典は不明だが、土井大炊頭家来と書かれていた。土井大炊頭は古河藩。
NDC
関東地方  (213 9版)
参考資料
(Reference materials)
木村礎ほか. 藩史大事典 第2巻 関東編. 雄山閣出版, 1989. p. 395 (当館請求記号 Lー207-1, 当館資料番号 001052209242)
古河市史編さん委員会編. 古河市史 資料 近世編-〔1〕. 古河市, 1979. p. 212 (当館請求記号 L-202-コガー2, 当館資料番号 001052512462)
キーワード
(Keywords)
遠山十兵衛
古河藩
分限帳
古河分限帳
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000130877解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!