このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2012-057
事例作成日
(Creation date)
2012年05月31日登録日時
(Registration date)
2012年08月30日 14時24分更新日時
(Last update)
2012年12月07日 11時17分
質問
(Question)
戦国時代の人物で、細田河内守忠次に関する資(史)料が見たい。
 『姓氏家系大辞典』に「応永の頃」「柚木の地頭」と出ていた。
回答
(Answer)
『新編武蔵風土記稿[第3期]5』の「上柚木村」の条に「細田河内守忠次」の記述あり。ただし、典拠となる古文書類の紹介はなし。 p73-76「上柚木村」(p75「西光寺」の項)
 「(前略)この寺もとは門外にたてる山王の別当寺なり、その山王社は応永二十九年時の地頭、細田河内守忠次が軍守護の為に建立せし所なり、その子孫河内守某滝山城主大石某が家老たりしとき、大石が歸依せし永林寺の第二世松室惠鑑を開山として起立し、かの先祖の祀りし山王社の別当職を命じけり、故に今に至るまで永林寺の末寺に属せり、細田山と號することは、開基の氏によれるなるべし、河内守が没せしは、天正十七年五月なり、法名を平心院棲雪道賢居士と號す、(後略)」
回答プロセス
(Answering process)
質問者確認資料を再確認する。
 『姓氏家系大辞典 3』(太田亮著 角川書店 1981)
 p5412「武蔵の細田氏」の項に以下の記載あり。 
 「多摩郡の豪族にして、応永の頃、細田河内守忠次は柚木の地頭たりき。其の子孫・河内守某・滝山城主大石某が家老となり、天正十七年五月歿す。・・・」

『新編武蔵風土記稿[第3期]1』(蘆田伊人編集校訂 雄山閣 1977)
 第1巻の総目録から「多摩郡」が巻89-128に収録されていることがわかる。
 該当巻にあたる第5巻の目次から、巻96,97の「柚木」の項目を確認した。
 『新編武蔵風土記稿[第3期]5』(蘆田伊人編集校訂 雄山閣 1977)
 p73-76「上柚木村」(p75「西光寺」の項)

その他調査済み資料は以下のとおり
『埼玉人物事典』(埼玉県教育委員会編 埼玉県 1998)〈細田〉の項に該当記述なし。
『埼玉大百科事典 4』(埼玉新聞社 1975)〈細田〉の項に該当記述なし。
『国史大辞典 12』(国史大辞典編集委員会編 吉川弘文館 1991)
『日本史大事典 6』(平凡社 1994)
『寛政重修諸家譜 索引2』(続群書類従完成会 1989)〈[細田]忠次〉なし。
『寛政重修諸家譜 索引4』(続群書類従完成会 1989)〈細田忠次〉〈河内守〉なし。
『寛政重修諸家譜 第15』(続群書類従完成会 1985)(索引1より)
  p98-103「細田」各系図に該当する名はなし。
『人物レファレンス事典 古代・中世・近世編 〔2〕』(新訂増補 日外アソシエーツ 1996)
『人物レファレンス事典 古代・中世・近世編 2(1996-2006)』(新訂増補 日外アソシエーツ 2007)
『人物レファレンス事典 郷土人物編』(日外アソシエーツ 2008)
『戦国人名辞典』(吉川弘文館 2006)
『系図纂要 別冊1 補遺 姓氏索引 没年一覧』(名著出版 1997) 〈細田〉姓なし。
『系図纂要 別冊2 名諱索引』(名著出版 1997) 細田姓の〈忠次〉なし。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『姓氏家系大辞典 3』(太田亮著 角川書店 1981)
『新編武蔵風土記稿[第3期]5』(蘆田伊人編集校訂 雄山閣 1977)
キーワード
(Keywords)
細田 河内守忠次(ホソダ タダツグ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000110727解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!