このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000250952
提供館
(Library)
兵庫県立図書館 (2110027)管理番号
(Control number)
550
事例作成日
(Creation date)
2019年01月26日登録日時
(Registration date)
2019年02月01日 14時20分更新日時
(Last update)
2019年03月24日 11時15分
質問
(Question)
第一次世界大戦中、日本政府はイギリス、フランス、ロシアの3国から救護派遣の依頼を受け、日本赤十字社の看護婦を中心に、イギリスへ27名、フランスへ29名、ロシアへ20名を派遣したらしいのだが、この時派遣された人々の名前を知りたい。
回答
(Answer)
国立国会図書館デジタルコレクションで以下の資料が見つかった。
◇『日本赤十字社史続稿 : 明治四十一至大正十一年. 下巻』日本赤十字社編 昭和4年 (インターネット公開)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1448634
附録p.10-13(547-548コマ)「欧州派遣救護団体編成人名」
「露国派遣救護班」として20名の名前、「佛国派遣救護班」として30名の名前、「英国派遣救護班」として26名の名前がある。

<その他 参考資料>
〇『日本赤十字社と人道援助』黒沢文貴、河合利修編 東京大学出版会 2009.11(兵庫県立図書館請求記号:369.1/385)
 p.175-195 「第六章 第一次世界大戦と看護婦の派遣」
  p.180-187 「二 英仏露三ヶ国への救護班の派遣」
 救護班派遣の概要が書かれている。

〇『人道-その歩み 日本赤十字社百年史』日本赤十字社 1979(369.1/17)
 p.167-170 「世界を舞台に活躍」
 ロシア、フランス、イギリスへの派遣救護班について概要が書かれている。

〇『日赤百年』産業経済新聞社編 1977(369.1/15)
 p.69 「第一次世界大戦」
 イギリス派遣救護班等の写真が掲載されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
<インターネット情報>
・赤十字救護看護婦「竹田ハツメ」展( https://www.kumamoto.jrc.or.jp/exhibition/hatsume/190/
・パリ ナースたちの戦場~看護婦が見た世界大戦の真実~( https://www.nhk.or.jp/historia/backnumber/200.html
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
日本赤十字社
看護婦
派遣
海外
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000250952解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!