このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
福岡市総合図書館 (2210003)管理番号
(Control number)
2014.3-03
事例作成日
(Creation date)
2013年12月01日登録日時
(Registration date)
2014年02月20日 19時00分更新日時
(Last update)
2014年03月04日 10時46分
質問
(Question)
平均寿命とはどのような仕組みで決まるのか。
回答
(Answer)
『世界大百科事典 25 2009年改訂新版』p.428
「平均余命」の項目に、「出生時の平均余命のことを、とくに平均寿命という」とある。平均余命は「ある年の男女別にみた年齢別死亡率が将来も続くと仮定して、各年齢の人たちがその後平均何年生きられるかを算定したもの」で、「生命表で示される」ことがわかる。

『生命表 第21回 (政府統計)』p.8~9
「X歳に達したものが、その後生存できると期待される年数をX歳の平均余命」として、それを算出する計算式を示している。「0歳の平均余命」が平均寿命にあたる。
平成22年の国勢調査に基づく生命表に加え、第1回(明治24~31年)からの生命表が掲載されていて変遷がわかるほか、各国の平均余命を示した表もある。

『寿命論 : 細胞から「生命」を考える』p.23~25
どんな理由で死んだかに関わらず、「ある年に死んだある地域や国のすべての人の死亡年齢の平均値が、その年のその地域や国の人たちの平均寿命」としている。
日本人の平均寿命が延びた要因として、「医療技術や医療環境の向上、薬の開発」、「戦争や内乱が無く、衣食住や上下水道などの生活環境が整ってきたこと」を挙げている。
回答プロセス
(Answering process)
まず、「平均寿命」とは何かを『世界大百科事典 25 2009年改訂新版』で確認する。
そこから、『生命表 第21回 (政府統計)』を見ればよいことがわかった。

次に、平均寿命を左右する要因を知るために件名「寿命」等で蔵書検索した中から、
『寿命論 : 細胞から「生命」を考える』を見つけた。

その他に、
『病気と健康の世界地図』から各国の平均余命の分析、
『少子高齢社会総合統計年報 2012−2013』から平均余命の年次推移(昭和22年~)等の統計も、
参考として情報提供した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
人口統計.国勢調査  (358)
理論生物学.生命論  (461)
参考資料
(Reference materials)
世界大百科事典 25 2009年改訂新版. 平凡社, 2009. p. 428
厚生労働省大臣官房統計情報部/編. 生命表 第21回. 厚生労働統計協会, 2012. (政府統計) p.8~9
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I044920326-00 , ISBN 9784875115458
高木由臣 著. 寿命論 : 細胞から「生命」を考える. 日本放送出版協会, 2009. (NHKブックス ; 1128) p.23~25
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010007828-00 , ISBN 9784140911280
Diarmuid O'Donovan [著] , 千葉百子 訳. 病気と健康の世界地図. 丸善, 2009. p.14~17
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010627639-00 , ISBN 9784621081198
三冬社編集部 編集・制作. 少子高齢社会総合統計年報 2012−2013. 三冬社, 2011.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I040778727-00 , ISBN 4904022764
キーワード
(Keywords)
平均寿命
平均余命
寿命
生命表
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000149630解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!