このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000158804
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2014-041
事例作成日
(Creation date)
2014/06/26登録日時
(Registration date)
2014年08月23日 16時40分更新日時
(Last update)
2014年11月22日 10時50分
質問
(Question)
行田市のマーケティング情報について知りたい。
回答
(Answer)
行田市に特定したマーケティング資料は確認できなかったが、マーケティングを行う際に参考になる資料があり、紹介した。

1 商用データベース
『TSR企業情報ファイル CD・Eyes50』
 企業を業種・規模の他、地域(市単位)で絞込むこむことができる。
2 一般資料
『地域経済総覧2011 週刊東洋経済 2010年10月8日臨時増刊』(東洋経済新報社)
 p295-618に市区町村別に各種データを掲載しており、消費活動に関する項目もある。
3 埼玉資料
『統計からみた埼玉県市町村のすがた 2014』(埼玉県総務部統計課 2014)
『埼玉県の消費者動向 彩の国広域消費動向調査報告書 平成22年度』(埼玉県産業労働部 2011)
『埼玉県立図書館をビジネスの力に! 仕事に役立つリサーチガイド』(埼玉県立浦和図書館 2013)
 ウェブサイトでも閲覧可能( http://www.pref.saitama.lg.jp/page/researchguide1.html  埼玉県立図書館 2014/10/31最終確認)
『行田市都市計画マスタープラン』(行田市 2013)
『第5次行田市総合振興計画』(行田市 2011)ほか

4 地域ブランドに関する資料
『地域活性化のマーケティング』(古川一郎編 有斐閣 2011)
『地域産業資源活用事業計画認定事例集 第1~3期』(経済産業省中小企業庁・中小企業基盤整備機構著 経済産業省中小企業庁 2008)
『地域ブランド戦略ハンドブック この1冊で、明日から地域のブランド戦略が企画できる!』(二村宏志 ぎょうせい 2008)ほか

5 インターネット情報
《地域の元気創造プラットフォーム公式サイト》( http://www.chiikinogennki.soumu.go.jp/index.html  総務省地域力創造グループ 2014/08/23最終確認)ほか
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
マーケティング  (675 9版)
参考資料
(Reference materials)
『TSR企業情報ファイル CD・Eyes50』
『統計からみた埼玉県市町村のすがた 2014』(埼玉県総務部統計課 2014)
『埼玉県の消費者動向 彩の国広域消費動向調査報告書 平成22年度』(埼玉県産業労働部 2011)
『埼玉県立図書館をビジネスの力に! 仕事に役立つリサーチガイド』(埼玉県立浦和図書館 2013) ( http://www.pref.saitama.lg.jp/page/researchguide1.html )
『行田市都市計画マスタープラン』(行田市 2013)
『第5次行田市総合振興計画』(行田市 2011)
『地域活性化のマーケティング』(古川一郎編 有斐閣 2011)
『地域産業資源活用事業計画認定事例集 第1~3期』(経済産業省中小企業庁・中小企業基盤整備機構著 経済産業省中小企業庁 2008)
『地域ブランド戦略ハンドブック この1冊で、明日から地域のブランド戦略が企画できる!』(二村宏志 ぎょうせい 2008)
キーワード
(Keywords)
行田市-マーケティング
商業-統計
エリアマーケティング
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000158804解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!