このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000140190
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-00621
事例作成日
(Creation date)
2013年08月27日登録日時
(Registration date)
2013年11月08日 15時34分更新日時
(Last update)
2013年12月04日 15時46分
質問
(Question)
玉蔵院が1780年に再建された根拠となる資料があるか知りたい。
回答
(Answer)

玉蔵院の再建については、次の資料があった。
(1)『玉蔵院 浦和歴史文化叢書』 青木 義脩/著 浦和市郷土文化会 1977
  p.16 “元禄十二年(一六九九)十二月十二日の夜、玉蔵院の伽藍は、火災にあい一宇も残さずに焼け落ちたという”との記載あり。
      “本堂の再建は、すぐ手がつけられ、(略)元禄十四年には上棟している。”との記載あり。
  p.17 “本堂の南に地蔵堂がある(略)「安永九年(一七八〇)二月大吉日(略)」の墨書銘があり、この仏堂の建立年代を伝えている”との記載あり。
  p.30~ 年表 
        元禄十二年 一六九九 火災で諸堂を全焼する
        元禄十四年 一七〇一 本堂を再建する
        安永九年  一七八〇 地蔵堂を再建する

(2)『玉蔵院 浦和歴史文化叢書』 浦和郷土文化会/編 浦和市郷土文化会 2002
 上記(1)の改訂版
  p.28~ 玉蔵院略年表
        元禄十二年 一六九九 火災で諸堂を全焼する
        元禄十四年 一七〇一 本堂を再建する
        宝永七年  一七一〇 本尊大日如来像を再興する
        安永九年  一七八〇 地蔵堂再建する

(3)『浦和市文化財調査報告書 第31集』 浦和市教育委員会/編 浦和市教育委員会 1987
  p.2 “玉蔵院世代帳によれば、二十三世快道(享保三年・一八〇三~文化六年・一八〇九住時)の代二に、表門再建とあり(略)”との記載あり。

(4)『浦和市史 通史編2』 浦和市総務部市史編さん室/編 浦和市 1988
  p.91 “元禄十二年(一六九九)十二月十二日の夜、玉蔵院の大伽藍は、一宇残らず消失した。
      その再建は元禄十四年六月にまず客殿(現本堂)が竣工し、諸堂が次々と復興されていった。また、本尊は、宝永七年(一七一〇)十一月に造立された。”との記載あり。

(5)『わがまち浦和 地域別案内』 浦和市総務部行政資料室/編集 浦和市 1992
  p.24 “元禄十二年(一六九九)十二月出火、一宇も残さず焼失した。本堂(客殿)は同十四年に復興、地蔵堂は安永九年(一七八〇)に建立、表門は四脚門で文化年間頃に二十三快道によって建立された”との記載あり。
  p.11~ 浦和略年表
   p.14  1699 元禄12年 玉蔵院伽藍全焼
        1780 安永9年  玉蔵院地蔵堂建立

(6)『文化財を訪ねて 総集編No.1~No.32 浦和市広報市民と市政連載』 浦和市企画部広報課/編 浦和市 1978
  p.13 玉蔵院
      本堂→元禄十四年に建立
      地蔵堂→墨書銘により、安永九年(1780)に建立

以上より、1780年に再建されたのは、玉蔵院地蔵堂である。

回答プロセス
(Answering process)
・玉蔵院に関する市内所蔵資料を見てみる。
(1)『玉蔵院 浦和歴史文化叢書』 青木 義脩/著 浦和市郷土文化会 1977
  p.16 “元禄十二年(一六九九)十二月十二日の夜、玉蔵院の伽藍は、火災にあい一宇も残さずに焼け落ちたという”との記載あり。
      “本堂の再建は、すぐ手がつけられ、(略)元禄十四年には上棟している。”との記載あり。
  p.17 “本堂の南に地蔵堂がある(略)「安永九年(一七八〇)二月大吉日(略)」の墨書銘があり、この仏堂の建立年代を伝えている”との記載あり。
  p.30~ 年表 
        元禄十二年 一六九九 火災で諸堂を全焼する
        元禄十四年 一七〇一 本堂を再建する
        安永九年  一七八〇 地蔵堂を再建する

(2)『玉蔵院 浦和歴史文化叢書』 浦和郷土文化会/編 浦和市郷土文化会 2002
 上記(1)の改訂版
  p.28~ 玉蔵院略年表
        元禄十二年 一六九九 火災で諸堂を全焼する
        元禄十四年 一七〇一 本堂を再建する
        宝永七年  一七一〇 本尊大日如来像を再興する
        安永九年  一七八〇 地蔵堂再建する

・旧浦和市の文化財調査報告書、浦和市史などを見てみる。
(3)『浦和市文化財調査報告書 第31集』 浦和市教育委員会/編 浦和市教育委員会 1987
  p.2 “玉蔵院世代帳によれば、二十三世快道(享保三年・一八〇三~文化六年・一八〇九住時)の代二に、表門再建とあり(略)”との記載あり。

(4)『浦和市史 通史編2』 浦和市総務部市史編さん室/編 浦和市 1988
  p.91 “元禄十二年(一六九九)十二月十二日の夜、玉蔵院の大伽藍は、一宇残らず消失した。
      その再建は元禄十四年六月にまず客殿(現本堂)が竣工し、諸堂が次々と復興されていった。また、本尊は、宝永七年(一七一〇)十一月に造立された。”との記載あり。

(5)『わがまち浦和 地域別案内』 浦和市総務部行政資料室/編集 浦和市 1992
  p.24 “元禄十二年(一六九九)十二月出火、一宇も残さず焼失した。本堂(客殿)は同十四年に復興、地蔵堂は安永九年(一七八〇)に建立、表門は四脚門で文化年間頃に二十三快道によって建立された”との記載あり。
  p.11~ 浦和略年表
   p.14  1699 元禄12年 玉蔵院伽藍全焼
        1780 安永9年  玉蔵院地蔵堂建立

(6)『文化財を訪ねて 総集編No.1~No.32 浦和市広報市民と市政連載』 浦和市企画部広報課/編 浦和市 1978
  p.13 玉蔵院
      本堂→元禄十四年に建立
      地蔵堂→墨書銘により、安永九年(1780)に建立

事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 9版)
寺院.僧職  (185 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
さいたま市浦和区
玉蔵院
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000140190解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!