このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001041369
事例作成日
(Creation date)
2019/11/10登録日時
(Registration date)
2020年01月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年01月24日 00時30分
質問
(Question)
万葉集で使用されている「万葉仮名」とはどのような文字か。
回答
(Answer)
以下の資料に記述がありました。
・『漢字百科大事典』(佐藤喜代治/[ほか]編集  明治書院 1996.1)p.122
 「日本語表記のために、漢字の意味を捨てて字音や字訓を借りて表音的に用いた仮名をいう。『万葉集』の仮名の用法が最も多様かつ代表的であるので、「万葉仮名」と呼ばれる。」とあります。

・『和歌文学大辞典』(『和歌文学大辞典』編集委員会/編  古典ライブラリー 2014.12)p.1111
「万葉仮名」についての記述があります。

・『漢字とカタカナとひらがな:日本語表記の歴史 (平凡社新書)』(今野真二/著  平凡社  2017.10)p.69-72

・『日本語の歴史 (岩波新書 新赤版) 』(山口仲美/著  岩波書店 2006.5)p.21-42

・『文字と古代日本 5 文字表現の獲得』(平川南/編 吉川弘文館 2006.2)p.318-333
沖森卓也「5 万葉仮名」

・『日本の漢字1600年の歴史』(沖森卓也/著  ベレ出版 2011.10)p.50-58

・『日本語の世界 5 仮名』(中央公論社  1981.4)p.8-92
「第一章 万葉仮名の起源と発達」に詳述があります。

・『日本語の誕生:古代の文字と表記(歴史文化ライブラリー)』(沖森卓也/著  吉川弘文館 2003.4)p.179-211
 「万葉仮名文から仮名文へ」
日本語表記の変遷過程について詳しく述べられています。

[事例作成日:2019年11月10日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
音声.音韻.文字  (811 10版)
詩歌  (911 10版)
参考資料
(Reference materials)
漢字百科大事典 佐藤/喜代治∥[ほか]編集 明治書院 1996.1 (122)
和歌文学大辞典 『和歌文学大辞典』編集委員会‖編 古典ライブラリー 2014.12 (1111)
漢字とカタカナとひらがな 今野/真二‖著 平凡社 2017.10 (69-72)
日本語の歴史 山口/仲美∥著 岩波書店 2006.5 (21-42)
文字と古代日本 5 平川/南∥編 吉川弘文館 2006.2 (318-333)
日本の漢字1600年の歴史 沖森/卓也∥著 ベレ出版 2011.10 (50-58)
日本語の世界 5 中央公論社 1981.4 (8-92)
日本語の誕生 沖森/卓也∥著 吉川弘文館 2003.4 (179-211)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000272912解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!