このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-08-004
事例作成日
(Creation date)
2008年11月12日登録日時
(Registration date)
2008年12月06日 14時29分更新日時
(Last update)
2021年11月07日 14時48分
質問
(Question)
長野県内の藩の家臣、藩士の名前などを調べたい。何を見ればよいか。
回答
(Answer)
分限帳(藩士名簿)、由緒書、系図の所在は以下のとおり。

【飯山藩】
『長野県史 近世史料編 第8巻(1)北信地方』長野県編 長野県史刊行会1975 【N209/11/8-1】
    p.52-64嘉永元年本多助実家中分限録

【須坂藩】
『長野県史 近世史料編 第8巻(1)北信地方』長野県編 長野県史刊行会1975【N209/11/8-1】
    p.272-276堀直武家中分限帳
『須坂藩主奥田家の歴史』廣瀬紀子著 須坂万葉読書会2004【N288/211】
    p.120-125堀家由緒書
『須坂藩主堀家の歴史』廣瀬紀子著 長野郷土史研究会1978【N288/84】
    p.95-96延享三年須坂藩士知行付 p.97宝暦年間須坂藩士知行 p.98-100明和ニ年乙酉須坂藩士知行付

【松代藩】
『長野県史 近世史料編 第7巻(1)北信地方』長野県編 長野県史刊行会1981 【N209/11/7-1】
    p.15-40寛文元年真田幸道家中分限帳 p.106-110寛政三年真田幸弘江戸在所奥向分限帳 p.204-225文久年中真田幸民家中分限帳
『信濃史料第22巻』信濃史料刊行会編・発行1968【N208/28a/22】
    p.151-155真田家臣高名帳 
『信濃史料第26巻』信濃史料刊行会編・発行1969〔N208/28a/26〕
    p.197-201寛永十酉年御分限帳
『松代藩士系図』出版者・出版年不明【N288/3】
『御家中分限覚』出版者・出版年不明【N280.3/9】

〈貴重書・マイクロフィルム〉
 「松代藩士分限石高帳写」丸山文庫古文書之部【216-6】
 「(松代藩)御分限帳天保13年写」飯島文庫【280-4】
 「(松代藩)御家中御分限帳写」飯島文庫【280-5】
 「(松代藩)分限帳天和3年写」飯島文庫【280-6】
 「(松代藩)分限帳万治2年写」飯島文庫280-7】
 「(松代藩)分限帳元文5年写」飯島文庫【280-9】
 「(松代藩)御分限帳文政11年写」飯島文庫【280-10】
 「文政七甲申由緒書」飯島文庫【280-11】
 「(享保三)分限帳」飯島文庫【280-19】
 「明暦分限」飯島文庫【280-23】
 「(天明丙午)江戸奥向分限帳」飯島文庫【280-24】
 「(享保四亥年八月改)乾徳院様御部屋住之節御分限帳」飯島文庫【280-25】
 「寛永十酉年御分限帳」飯島文庫【280-26】
 「御家中知行分限帳」飯島文庫【280-27】
 「御分限帳」飯島文庫【280-28】
 「享保分限」飯島文庫【280-31】

【田野口藩】
『長野県史 近世史料編 第2巻(1)東信地方』長野県編 長野県史刊行会1978 【N209/11/2-1】
   p.502-503天保三年五月松平乗利家中分限帳 p.486-490享保十一年十二月松平盈家中分限帳

『佐久市志史料目録』第1集-2集 中近世1 佐久市教育委員会 2006【N223/109/1, 2】
  ※小諸藩、田野口藩、岩村田藩についての文書資料の目録。
   この目録に収載された文書史料の問い合わせ先は、佐久市生涯学習センター(旧野沢会館資料室含む 2020.5.15現在)。
    
【岩村田藩】
『長野県史 近世史料編 第2巻(1)東信地方』長野県編 長野県史刊行会1978【N209/11/2-1】
    p.377-381慶応三年九月内藤正誠諸士分限取調帳

【小諸藩】
『長野県史 近世史料編 第2巻(1)東信地方』長野県編 長野県史刊行会1978【N209/11-2-1】
    p.4-5元和年中仙石忠政家分限帳 p.35-39享保十八年牧野康周家中分限帳 
『小諸市誌 歴史篇(3)近世史』小諸市誌編纂委員会編 小諸市教育委員会1991【N222/43/2-3】
    p.36-37元和年中信州小諸在城家中分限(仙石忠政家中分限帳)p.154-155享保十八年(一七三三)牧野康周家中分限帳
    p.155-157天保年中(一八三五)御与前家譜(御足軽分限帳)

  ※この他に市立小諸図書館に史料が所蔵されている。
  1.御手廻組家譜(士卒分限帳)2.仙石家分限帳寛延2年
  3.御足軽家禄士卒分限帳   4.御郡永楽高辻仙石氏分限帳


【上田藩】
『長野県史 近世史料編 第1巻(1)東信地方』長野県編 長野県史刊行会1971 【N209/11-1】
    p.25-36年次不詳仙石政明家中分限帳 p.58-92享保十四年二月松平忠愛家中分限帳
『上田小県誌第2巻歴史編(下)』上田小県誌刊行会編 小県上田教育会1960【N221/12/2】
    p.56-67元禄年間仙石家分限帳 p.70-72家臣役職一覧表
    p.96-109享保十三年戊申十二月改 忠愛公御代御家中列分限帳
『上田市史(上)』上田市編集 信濃毎日新聞社 1940【N221/26/1】
    p.400-410仙石家分限帳 p.423-440享保十三年戊申十二月改 忠愛公御代御家中列分限帳

※この他に上田市立上田図書館が以下の史料を所蔵している。
    1.『上田藩士族名簿』岡田袈裟二著1975 


【松本藩】
『長野県史 近世史料編 第5巻(1)中信地方』長野県編 長野県史刊行会 1973【N209/11/5-1】
    p.82-102享保十年水野忠恒家中分限帳 p.153-173明和年間 戸田光和家中分限帳

※この他に松本市立中央図書館が以下の史料を所蔵している。
  1.『松本史料叢書34巻』所収「松平丹波守家中分限帳(享保16年)」
  2.『松本史料叢書全55冊』所収「小笠原信濃守家中分限帳(寛永)」

また、松本地域の文書史料については、松本市文書館が多数所蔵している。


【高島藩】
『諏訪史料叢書復刻第5巻』諏訪教育会編 中央企画1985【N241/7a/5】
「諏訪史料叢書巻27」
    p.3-6凡例、書目解題、p.7-122諏訪家譜(其一)、p.123-132諏訪家譜(其二)「諏訪史料叢書巻32」
    p.753宝暦三年改正御家中人数帳※写真  p.755-759凡例、書目解題、p.763-782分限帳(元禄年間)、
    p.783-786元禄改正諏訪御家中分限帳写、p.787-815元禄九子丙年御家中知行附并御蔵帳、
    p.816-841元禄年中分限明細記、p.842-852宝暦三酉発五月改之 御家中御人数帳、
    p.853-876明暦三酉丁年以来 御家中分限帳、 p.877天明七年分限帳
『諏訪史料叢書復刻第6巻』諏訪教育会編 中央企画 1985【N241/7a/6】
「諏訪史料叢書巻33」
    p.3家中役人系図一(明暦三丁酉歳以来)※写真  p.5-10凡例、書目解題 
    p.13-58分限帳(文化年間カ) p.59-83御藩士席順帳  p.84-107明治五年旧知事並士族卒給祿帳
    p.108-109給祿帳(明治三庚午年十二月)  p.113-128家中役人系図(明暦三丑丁年以来)
    p.129-172家中役人系図二(明暦三酉丁年以来) p.173-190御役人并諸向部分帳
『諏訪の近世史』諏訪教育会著 1966【N241/6/4】
    p.76-78知行取の出自、知行高、給所表※寛文九年知行帳による

※この他に諏訪市図書館が以下の史料を所蔵している。
   1.『御家中分限帳慶応二改』
   2.『御家中分限帳天明年度』
   3.『分限帳』著者不明 有賀盈寿出版 1862
   4.『分限帳文化頃』著者・出版社不明1933


【高遠藩】
『高遠町誌上巻歴史1』高遠町誌編纂委員会 1983【N242/79/1-1】
    p.514-515寛永十三年保科氏に随従して最上に移った主な家臣(黒河内史料)
    p.597-619侯臣名籍録(※内藤時代の分限帳)
『高遠藩の基礎的研究』長谷川正次著 国書刊行会1985【N242/10】〕
    p.588-621 高遠内藤藩職制機構就任一覧
『長野県上伊那誌 歴史篇』上伊那誌編纂会編 上伊那誌刊行会1965【N242/32/2】
    p.670-671高遠藩郡代任命表
『長野県史 近世史料編 第4巻(1)南信地方』長野県編 長野県史刊行会 1977【N209/11/4-1】
    p.36-37元禄十一年二月黒河内谷右衛門由緒書上
    p.24-30自元禄四年至嘉永六年郡代・代官役録帳 p.86-90天保十五年内藤頼寧家中席順帳
    p.118-119 明和九年四月内藤頼由家中宗門改帳
『高遠の古記録 4巻 高遠藩分限帳』(郷土雑誌『高遠の古記録』第4巻として所蔵)

  
【飯田藩】
『長野県史 近世史料編 第4巻(2)南信地方』長野県編 長野県史刊行会 1982【N209/11/4-2】
    p.3-5慶長年間小笠原秀政家中分限帳、p.7-13寛文年間脇坂安政家中分限帳、
    p.82-87安政五年六月堀親義家中分限帳 
『下伊那史第7巻』下伊那教育会編 下伊那誌編纂会 1980【N243/18/7】
    p.188-189家臣の概要 p.359深志小笠原家分限帳 p.439-444脇坂藩役職と知行高一覧
『信濃史料 第22巻』 信濃史料刊行会 1968【N208/28a/22】
    p.500-505元和三巳年ヨリ脇坂安元公時代分限覚(松下文書)

また、飯田地域の文書史料については、飯田市美術博物館が多数所蔵している。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (281 9版)
系譜.家史.皇室  (288)
個人伝記  (289)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
分限帳
藩士
信州学
先祖
ルーツ
家臣
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000049524解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決