このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000217520
提供館
(Library)
相模原市立図書館 (2210034)管理番号
(Control number)
相市-H29-02
事例作成日
(Creation date)
2017年05月11日登録日時
(Registration date)
2017年06月20日 10時00分更新日時
(Last update)
2017年07月09日 16時30分
質問
(Question)
戦争中、藤野に疎開画家がいたことを裏付ける資料はないか。(おそらく10~15人くらい)
回答
(Answer)
回答プロセスのとおり資料を提供した。
回答プロセス
(Answering process)
■藤野に関する資料を調査
『藤野町史 通史編』藤野町/編 藤野町 1995【K1-21藤野 S23887268】
 p744,“疎開受け入れ”の項に記載あり。
  ・中西 利雄
  ・伊勢 正義
  ・猪熊 弦一郎
  ・荻須 高徳
  ・脇田 和
  ・佐藤 敬
  ・藤田 嗣治

参考文献として記載のあった『藤野町ふるさと芸術村ゆかりの画家記念館調査委託事業報告書』は所蔵なし。

『Dear FUJINO 50年めの手紙』藤野町企画課/編 藤野町企画課 2005【K1-31藤野 S23887375】
 p34,藤野に疎開していた画家や彫刻家など数十名
     とあるが、具体的に名前が挙げられていたのは『藤野町史』と同じ。

『わが人生の時の人々 疎開芸術家との出会い』山下 勉/著 樫 徹/著 藤野図書館を考える会 2003【K1-70藤野 S23959612】
 p14,中里利雄先生の教室で学んだ十名程のメンバーは、「桑里会」という津久井郡で唯一の美術団体を組織
     とあるが、個人名の記載はなし。

『シベリアに響く歌声 改訂版』樫 徹/著 藤野図書館を考える会 2003【K1-28藤野 S23422694】
 奥付の著者紹介(樫 徹)に、作品として『藤野に疎開した画家たち』とあった。
 ↓
『藤野に疎開した画家たち 甦るエトランジェ』樫 徹【DO09030水 相模原 S23884323】※DVD
 上記以外に紹介されていた人
 ・北岡 文雄
 ・小泉 富司
 ・北川 桃雄
 ・長与 善郎(小説家)
 ・大谷 一良(版画家)


■Google検索 “藤野 疎開 画家”
『CiNii 論文 - 画家の疎開--藤野町における藤田嗣治と新制作派協会の画家たち』がヒット
 → 『近代画説』(15), 133-135, 2006 明治美術学会 に収録
   国会、青山学院大学(渋谷)、お茶の水女子大 ほか多数所蔵あり

※【】内は自館の請求記号と資料コードです。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『藤野町史 通史編』藤野町/編 藤野町 1995
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I004027793-00
『Dear FUJINO 50年めの手紙』藤野町企画課/編 藤野町企画課 2005
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I062848744-00
『わが人生の時の人々 疎開芸術家との出会い』山下 勉/著 樫 徹/著 藤野図書館を考える会 2003
『シベリアに響く歌声 改訂版』樫 徹/著 藤野図書館を考える会 2003
『藤野に疎開した画家たち 甦るエトランジェ』樫 徹
キーワード
(Keywords)
藤野
疎開画家
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000217520解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!