このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000230648
提供館
(Library)
茨城県立図書館 (2110017)管理番号
(Control number)
茨城-2017-033
事例作成日
(Creation date)
2017/05/19登録日時
(Registration date)
2018年02月15日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年02月25日 10時44分
質問
(Question)
正徳期の北茨城市中郷町松井の庄屋の名前を知りたい。
「常陸国多賀郡記録」に出ているのではないかと思う。
回答
(Answer)
『北茨城市史』の資料編である『北茨城市史 別巻』,『北茨城史壇』を確認しましたが,お探しの「常陸国多賀郡記録」については,翻刻されている資料がありませんでした。
念のため,北茨城市歴史民俗資料館にも確認しましたが,所蔵資料に「常陸国多賀郡記録」はなく,現在も個人の所蔵とのことでした。
回答プロセス
(Answering process)
(1) 『北茨城市史 上巻』,市史の史料編である別巻,『北茨城史壇 創刊号~第12号』を確認
→「常陸国多賀郡記録」の翻刻はなし。

→『北茨城史壇 第6号』に「史料紹介 「安良川組鑑」抄」があり庄屋の名前で「善□□」,「靱負」があるが,この史料は宝暦12年(1762)成立の史料のため,今回探している時期と異なる。

(2) 「常陸国多賀郡記録」で,茨城県立歴史館,国会図書館サーチ,東京大学史料編纂所横断検索を検索
→該当史料なし

(3) 北茨城市歴史民俗資料館へ電話にて照会
→北茨城市教育委員会にも確認したが,「常陸国多賀郡記録」は歴史民俗資料館の所蔵資料にはなく,現在も個人所蔵とのこと。
事前調査事項
(Preliminary research)
『北茨城市史 上巻』p.435に,「松井村は一八世紀初めの正徳期に沼田家の独占は崩れ、下村、大友、根本の諸家からも庄屋を出すようになった。」とあり,この部分の注(p.446)をみると「常陸国多賀郡記録」(個人蔵)となっている。
NDC
関東地方  (213 9版)
参考資料
(Reference materials)
北茨城市史編さん委員会 編 , 北茨城市. 北茨城市史 上巻. 北茨城市, 1988.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001933836-00
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土,人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000230648解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!