このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊‐2006‐062
事例作成日
(Creation date)
2006/08/31登録日時
(Registration date)
2007年02月11日 02時11分更新日時
(Last update)
2008年05月15日 16時22分
質問
(Question)
赤飯を風味良くふっくらとさせるために、蒸し上がったもち米にささげのゆで汁をかけることを、吉見町の辺りでは「こずをかく」と言っている。この「こずをかく」という言葉の意味・語源・漢字ではどう書くかを知りたい。若い世代はあまり使わないようだ。
回答
(Answer)
語源・漢字での表記の仕方については、該当の記述は見つからなかった。
『日本国語大辞典 第2版 5』によると、〈こず〉とは「赤飯を蒸す際に途中でかける水のこと」であり、埼玉県北足立郡や東京都八王子で使われる方言とのことである。同様の記述は『日本方言大辞典 上』にも見られ、埼玉県北足立郡では「こずをうつ」とも使われる。
埼玉資料の『おらあほうの標準語 続』p33には、具体的な使用例として次の一文あり。「お婆さんよ、セエロのいきが揚がって来たようだから、ボツボツこずをかいたほうがよかんべよ。」
回答プロセス
(Answering process)
国語辞典、方言辞典、埼玉資料(『吉見町史』、郷土料理、郷土の方言など)を中心に探索した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
方言.訛語  (818 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本国語大辞典 第2版 5』
『日本方言大辞典 上』
『おらあほうの標準語 続』(山岸統 1996)
キーワード
(Keywords)
日本語‐方言
吉見(ヨシミ)町-比企郡-埼玉県
郷土資料
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000033341解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!