このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2006-001
事例作成日
(Creation date)
2006/03/28登録日時
(Registration date)
2006年07月28日 02時11分更新日時
(Last update)
2007年10月02日 18時59分
質問
(Question)
「…根岸の里のわび住まい」というフレーズの出典・いわれが知りたい。
回答
(Answer)
1 『荷風の誤植』p25-26「根岸の里」と題する文章のなかで、「都新聞」に連載された初代柳家小せんの「失明するまでに」の中に、小せん宅の運座の席で(八代目)入船亭扇橋が「梅が香や根岸の里の侘住居」と詠んだ句以来のものであることが書かれている。千葉県図所蔵の「都新聞 復刻版」を確認依頼したところ、大正4年11月23日・24日に該当記事があることがわかった。
2 落語関係
「茶の湯」(『古典落語 続』講談社学術文庫 所収)p246に「根岸の別荘が」とあり、またこの「茶の湯」の原話である「茶菓子」(『化政期落語本集 近世笑話集 下』所収)p125に「根岸の隠居所」とあり。質問の件の出典ではないが、古くから根岸の里の様子をうかがわせる話はあったようだ。
3 俳句関係
〈入船亭扇橋〉〈梅が香〉をキーワードに当館所蔵の俳句関係資料にあたるが見つからなかった。
回答プロセス
(Answering process)
『日本国語大辞典 第2版』『成語林』『ちょっと古風な日本語辞典』『大百科事典』『日本大百科全書』『日本歴史地名大系 13 東京都の地名』『角川日本地名大辞典』『大日本地名辞書 増補 6 坂東』『東京百科事典』『江戸東京地名事典』『東京文学地名辞典』ほか俳句・川柳・落語の辞典類および関係書を〈根岸〉〈わびずまい〉のキーワードで調べたが記述なし。
地名辞典で俳人正岡子規の旧居があることがわかったので、〈正岡子規〉からも調べたが記述がみつからず。
江戸東京の地誌関係書にも記述なし。
《Google》を〈根岸の里 & 侘住居〉で検索したところ個人のサイトより、『荷風の誤植』に関連記述があることがわかる。当該資料を確認後、出典である「都新聞 復刻版」の記事の確認を千葉県図に依頼した。
事前調査事項
(Preliminary research)
『日本文学地名大辞典 詩歌編下』『東京落語地図』『軽薄のすすめ』
NDC
詩歌  (911 9版)
文章.文体.作文  (816 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『荷風の誤植』(青蛙房 2002)
キーワード
(Keywords)
俳句
根岸-東京都台東区
照会先
(Institution or person inquired for advice)
千葉県立中央図書館
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000029747解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!