このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2005-019
事例作成日
(Creation date)
2005/03/15登録日時
(Registration date)
2005年08月05日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年07月08日 13時17分
質問
(Question)
賞賛(カーテンコール、ブラボーなどの歓声、拍手など)の歴史について書かれた資料はないか。日本に限らない。また、音楽会や演劇等に限らない。
回答
(Answer)
賞賛の歴史を概観するような資料は見あたらず。賞賛の方法の個々の歴史についても、何点か簡単な記述はあったが、起源等歴史の詳しく記されている資料は見つからなかった。

追記:『朝日新聞 2005.7.9 25面』に「歌舞伎でカーテンコール?」という記事が掲載され、カーテンコールの起源について記述あり。記事で紹介されていた『オペラと歌舞伎』にあたると、「観客」p54-の項にも記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
賞賛全般に関する資料(類語も含めて)が見つからないので、〈拍手〉〈カーテンコール〉〈歓声〉の起源を探す。
百科事典類、国語辞典、大衆文化・社会学の事典類、身振り手振り関係の資料にあたる。
『日本国語大辞典 第2版』〈はくしゅ〉の項に起源について出典あり。〈カーテンコール〉は意味の説明のみ。
『コミュニケーション事典』〈拍手〉の項に起源・解説あり。
その他、以下の資料には記述なし。
『大衆文化事典』『社会学事典』『現代社会学辞典』『日米ボディトーク』『ジェスチャー・行為・意味』『外来語語源辞典』『英語固有名詞エピソード辞典』『新・英語固有名詞エピソード辞典』『英語語源辞典』『ノンバーバル・コミュニケーション』
事前調査事項
(Preliminary research)
調査済資料:「カーテンコール」に関して、個人的に音声学者に尋ねたことがあるが、活字資料は見あたらなかった。
NDC
音楽  (760 9版)
参考資料
(Reference materials)
『朝日新聞 2005.7.9 25面』
『オペラと歌舞伎』(永竹由幸 丸善 1993)
キーワード
(Keywords)
音楽会
演劇
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
香川県立図書館よりコメントをいただく(2009/07/07)。以下、資料情報の本文。

関連資料を見つけたのでコメントします。よろしくお願いします。

・拍手のルール 秘伝クラシック鑑賞術 茂木大輔/著 中央公論新社 2008.4
  ※p.126-127「3-2 拍手の音楽史」大作曲家の存命中の断片的な記録から
   いくつかの例を紹介しています。(分量は少ないです・・・)

なお、この「第3章の3」の目次はつぎのようになっています。
「3 拍手の博物館 122
   3-1 拍手の国民性 122
   3-2 拍手の音楽史 126 
   3-3 他のジャンルの拍手観察 127」
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000023408解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!